ヴィエナピアノ・フルート教室は群馬県前橋市、高崎市にある、音楽教室です。

  • 教室紹介
  • こどもの教室
  • おとなの教室
  • ヴィエナブログ
  • お問い合わせ

発表会

2017年11月28日

11月4日と5日に第21回ヴィエナピアノ・フルート教室の発表会がありました。
たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。
欠席者ゼロ、時間もほぼ予定通りに終わりほっとしています(^^)

4日は午後、夜間の時間帯だったので、朝はゆっくり用意が出来て良かったです。
講師がただし先生、ふみか先生、ちえみ先生の4人で、ちえみ先生は今年ほぼ初めての発表会だったのですが、てきぱき動いてくれてスムーズに用意も出来ました(^^)
4日の反省点は、前日子供たちに邪魔されながら毎年受付に展示してある写真のパネルを作ったのに家に忘れたことです(T_T)
頑張って作って無事出来て嬉しくて玄関に飾ったら、そのままに飾りっぱなしになっていました笑

5日は前日に用意してある上に講師も総動員だったので、空いた時間に授乳しに家に帰ったりゆっくりみんなの演奏が聴けました!
長時間でしたが、楽しかったのであっという間に一日が終わりました(^^)

至らぬ点もあったと思いますが、来年は更にいい発表会になるように頑張りたいと思います。

今年はくまさんのバルーンアートをお願いしました。

今年最後の高校3年生の2人
「音楽を一生の友達に」をコンセプトにしているのですが、2人共音楽系の進路を選びました。
彼女たちはきっと音楽が一生の友達になるんだろうなと嬉しく思います。
同じ時期に習い始めてお友達になった2人。私も娘のように思っています(^^)
これから色んな経験をしていくと思いますが、成長を見守り応援したいと思います!

最後に風船を解体して講師一同で記念撮影(^^)

今年は桑の実さんのケーキにしました。みんな感想文に美味しかったと書いてありました。

たくさんの方に子供たちの写真をブログにアップしてとリクエストがあったので載せます。

発表会の風船を家に持って帰って一緒に撮りました。
もう来週で10カ月。2人共ハイハイでどこまでもついてきます(。-∀-)
2人で協力して悪さをするので目が離せませんが、元気に育っています(^^)

tomomi

発表会リハーサル

2017年10月16日

子どもの教室発表会のリハーサルがはじまりました。
本番と同じ舞台でのリハーサルが出来るのは、演奏者として考えるととても嬉しいと思います。
ホールでの響きは家で練習しているときの感覚と、全く違って聞こえることもあり、少しでもこの機会に慣れて欲しいと願っています。
また、ピアノにしてもフルートにしても、芯のある遠くまで通る音というのがあります。その音を出さないと自分では大きく弾いているつもりだとしても、広い場所では遠くではとても聞こえにくくなってしまいます。
後ろの方の席で聴くと分かりますが、演奏者がその感覚をつかむのはなかなか難しいものがあります。ピアノでいえばはっきりとタッチするということに繋がってきます。

これから本番までの数週間の練習を、是非みんなにホールの響きをイメージしながら、有意義なものにしてほしいと思います。

発表会はどなたでも入場無料で入れますので、お気軽に聴きにいらしてください!
11月4日、5日前橋市民文化会館です。

tadashi

ウィーンの味

2017年9月12日

2週間ほど前に草津アカデミーへ行きました。

草津アカデミーとは年に1度世界で活躍している有名な演奏家が講習会をしたり演奏会をしたりするフェスティバルの様なものです。

ウィーンに住んでいる時にお世話になったA先生が毎年いらっしゃっているので会いに行きました。
せっかくなので午前中にある講習会を聴講したかったのですが、その日は夕方から軽井沢で友達の演奏会があり丸一日子供たちを連れまわすのは大変なのでお昼から行くことに。でも、たまたまお昼からフルートの公開レッスンがあったので聴講することが出来ました。

2時間程レッスンを聴講しただけですが、とっても勉強になりました!久しぶりのドイツ語、懐かしかったです。
もっとたくさん聴きたかったし、久しぶりに私もレッスンを受けたいと思うくらい良かったです(^^)
お世話になったA先生がフルートのコレぺティ(専属のピアニスト)をしていたので、終わった後みんなでお茶をしました。

5年ぶりくらいの再会でウィーン時代の話や今の話などあっという間に時間が経ちました。
来年はもっとゆっくり行けるといいなぁ(^^)
というか、ウィーンに行きたくなりました!

A先生が「ウィーンの味を思い出して」とザッハトルテを買ってきてくださったのです。
後ユリウス・マインルの珈琲と鶏のコンソメ
全部懐かし過ぎる(T_T)

ホテルザッハのザッハトルテは日本で手に入れるには現地のオンラインストアでしか購入できません。
現地のように砂糖なしの生クリームを添えて、メランジェ(ウィーン風カフェラテ)を入れて頂きました。
何とも言えない幸せ(^^)(^^)
最初ザッハトルテを食べた時は甘過ぎて全然食べられなかったのになぁ。。。

ただし先生と懐かしい留学時代の話をしながら大切に食べました。
味や香りってその時の記憶が一瞬でよみがえるので不思議ですね。

前回ウィーンに行ったのがもう4年前。近々行きたいなぁ。。。まだ無理ですね。
せめて子供たちの離乳食が終わったら考えよう。

A先生ありがとうございました!!Bis bald!

tomomi

おとなのピアノクラブ発表会

2017年9月10日

9月4日(月)と6日(水)に10数人ずつ、クラブの合同発表会を行いました。
4日はプリモピアノクラブとエチュードピアノクラブ。6日はクレッシェンドとルフランピアノクラブです。
1人が第1部で1曲、第2部で1曲と合計2曲を演奏しました。1人ずつ私が演奏者のお人柄とかエピソードを紹介しながら進めました。
以下の様子は6日(水)のものです。

Kさん ソナチネ1番

Sさん グノーのアヴェマリア

Kさん 城ヶ島の雨

私(久美子)モーツァルトのロンドニ長調

10時に開始し12時からは懇親会。近くのお米屋さん「ふくや」の美味しいお弁当、また食後はお菓子をいただきながらのとても楽しい懇親会でした。お菓子の差し入れやSさん、Kさんの手作りの漬け物もみんな味付けに感心しながらいただきました。
食後はお一人お一人感想を話しました。みなこの発表会に向けて頑張った様子が伝わってきました。懇親会は2時間、とても盛り上がって続き、14時に終了しました。
大変だったけれどみなさん次回も参加したいという気持ちは一致していたようです。

※クラブの紹介
第1.3週の月曜9時半~、水曜9時半~、水曜13時~、金曜13時~、の4クラブで各2時間程度です。
ひとり20分の個人レッスン形式なので曲は自由。待っている間は別の個室でグランドピアノでの練習も交替で出来ます。
クラブとは言っても運営はヴィエナなので会長等の役員は一切ありません。ヴィエナのホームページにもありますが、月謝は4320円です。
詳細は講師、伊藤久美子まで(090-4827-3550)

kumiko

家族写真

2017年8月15日

先日(と言ってももう1か月以上前!?)家族写真を撮りました。

撮って頂いたのはいつも発表会の集合写真でお世話になっている角田写真館さんです(^^)
前橋にある素敵な御夫婦がされているオシャレで可愛い写真屋さんです。

結婚当時に伊藤家みんなで写真を撮り、今回家族が増えたことで再度みんなで写真を撮りました。
みんなで撮った後に4人で写真を撮ってもらったのですが、撮り始めると疲れたのか長女がウトウト・・・
途中から完全に寝てしまいました(。-∀-)

ただし先生「こら、起きろー!!」
長女「・・・(-_-)zzz」
次女「疲れたよー(泣)」
私大爆笑

この写真で喜怒哀楽が表れている様で、こんな瞬間を見逃さない角田さん、さすがです!!
私のとてもお気に入りの写真です(^^)

もちろん、2人共ちゃんとカメラ目線の写真も撮って頂きました。
出来上がりがとっても楽しみです!

今年の発表会(11月4日、5日)も角田さんにお世話になります。
みんなと思い出に残る素敵な写真が撮れるのが楽しみです(^^)
(練習頑張ろう!!)

tomomi

フルート

2017年7月7日

GWに大阪に行ったことを書こうと思いつつ、もう七夕・・・
「もう古いよ。」と言われたので、妊娠中のフルートについて書きます。

1月末のブログで立ってフルートを構えている写真。これはフルートを吹いていません(。-∀-)
この時点では、立ち続けることすら5分くらいしか出来ませんでした。
でも、座ってフルートを吹くことは出来ました!
実際入院して出産まで1週間管理入院していたのですが、病院のレストランの空き時間にフルートを吹かせてもらっていて1時間程椅子に座ってフルートの練習をしていました(^^)

最後にみんなの前でフルートを吹いたのが、伊藤ピアノ教室の発表会でちょうど妊娠7カ月目でした。
この時点でお腹は3キロ弱の子が入っているくらいの大きさと言われていたので普通の臨月くらいかな。
もちろんいつも通りに吹けるわけもなくいっぱいいっぱいでしたが、伴奏はただし先生がしたので「今、家族4人で舞台に立ってるんだなぁ・・・」と嬉しかったのを覚えています(^^)

ロングトーンは調子が良ければ1分近く伸ばせるのですが、最終的に30秒も伸びなかったです(T_T)
双子は早産になりやすいと聞いていたので出来るだけ腹圧をかけずに吹いていました。

8ヶ月目はちょうどヴィエナの発表会。
この時はもう立ってフルートが吹けず、発表会で吹きたかったのですが演奏出来ませんでした(T_T)

最終的にお腹は6キロの子が入っているくらいまで大きくなりました!
今写真を見たら人間の体って凄いなとビックリします。

入院2日前まで、退院後は5日目からレッスンしていますが、全く問題ないのでフルートは妊娠、出産にいいんでしょうね!
以前レッスンで3人目を出産された方から「フルートのレッスンで腹式呼吸がわかって、一番お産が楽でした!」と言われました(^^)

出産後もお腹の中で聴いていたからか、フルートを吹くととても楽しそうに聴いています。
(足元に転がしています(笑))

今フルートとちょうど同じ長さくらいになりました(^^)

育児は大変ですが、出来るだけフルートを吹いてこれからも2人に聴かせてあげたいと思います。

tomomi

雨に歌えば

2017年6月24日

こんにちは。講師の矢島です。
今回が初めてのヴィエナブログです!

少し前の話になってしまいますが、4月に東急シアターオーブで公演されていた、SINGIN' IN THE RAIN~雨に唄えば~を観に行きました。
『雨に唄えば』はハリウッド映画がサイレントからトーキーへと進化する時代を描き、ブロードウェイを目指す作家と俳優のサクセス・ストーリーと映画制作の舞台裏をコメディタッチで描いたミュージカルです。雨の中を歌い踊るシーンがとても有名です。
もともとミュージカルやオペラ鑑賞が好きでよく観に行っていたのですが、今回は、あの名作映画がミュージカルとして観ることが出来る、また、バレエ界の大スターである、アダム・クーパーが主人公のドンの役を務め、他のメインキャストは全てイギリスオリジナルキャストと、とても豪華なメンバーでの舞台という事でとても楽しみにその日を迎えました。

初めに感想を言ってしまいますと、とにかく楽しいミュージカルでした!歌声や演技、キレのあるダンス、バックで生演奏している演奏のアンサンブルがとても素晴らしく、公演が終了した後もしばらく音楽や目にした舞台のシーンが頭の中から離れませんでした。映画の通り、雨の中で歌い踊るシーンは、舞台上でも再現され、舞台上に沢山の雨が降りました。観客に向かってキャストが水を蹴り飛ばしていて、もっと近くで観られたらと思いました。

この公演を通して、歌い方や、演技、ダンス、魅せ方などとても勉強になりましたし、何よりも芸術の持つ力にとても感動しました。どんな形であれ、音楽を勉強している人にとって、素晴らしい音楽、芸術を吸収する事はとても大切な事ですし、後々自分の音楽にも吸収した事が生かされます。これからも沢山の芸術を吸収し、私の表現出来る引き出しを増やして行けたらと思います。また気軽に出掛けられる演奏会もありますので、教室に通われている生徒さんにも是非色々な音楽に触れて欲しいと思います。CDやDVDでも勿論良いですが、出来れば生の音を聴いて頂けたらと思います。

♪下の写真は、カーテンコール時の写真です。実はチケットを取ったのが遅くて、二階の一番後ろの席でした。カーテンコールの時だけ動画、写真撮影をしても良いとの事でしたので、沢山写真を撮ってしまいました!

chiemi

オペラ蝶々夫人

2017年6月14日

こんにちは!ヴィエナ講師の黒沢です。

4か月前のことになりますが、お教室にレッスンに来ているT君(5歳)が、2/4に行われたオペラ、蝶々夫人に子役として出演しました!
このオペラは高崎財団が主催であり、ミヒャエル・バルケ指揮、演奏は群馬交響楽団、会場は群馬音楽センターという、超超超超大舞台です。T君は蝶々夫人の子供役オーディションで見事に選ばれ、出演が決まりました。

いつも元気いっぱいのT君。T君の勇姿を観に行けなかったのが非常に残念です…。どなたか見に行かれた方はいらっしゃるでしょうか?
T君は舞台裏でキャストの方々にたくさん遊んで頂いたそうで、その時の写真を見させていただきましたが、縮こまることなくのびのびと、とっても楽しく過ごせたようでした。

写真は舞台上の様子です。蝶々夫人役の中嶋彰子さん、スズキ役の鳥木弥生さんの間にいるのがT君です。とっても堂々としていますね!世界的な歌手のお二人に挟まれるなんて、羨ましいです…

三枚目の写真は、中嶋彰子さんに抱っこされるT君。とっても可愛いです(*^^*)
本番では、蝶々夫人の子供役というとっても重要な役柄を、しっかり落ち着いて、堂々と演じ切りました!T君、お疲れ様でした!

makiko

音楽の道って

2017年6月6日

今週と、来週の日曜日にミニ発表会を開催します。
ヴィエナはずっと、年2回の発表会を行っています。冬は大きなホールで曲も時間をかけて準備する形で、この夏のミニ発表会は、「普段の練習のちょっと進んだところ」くらいの気持ちで臨む発表会としています。
場所も教室のホールを使い、進行も各講師が口頭で生徒の紹介をしながら進めていきます。普段レッスンであったことなど、その子の雰囲気が思い浮かぶような話も多く、曜日や教室が違って話す機会が少ない生徒の日常が分かったりして、私も楽しみにしています。

学校や塾などと違い、ヴィエナでの楽器のレッスンは一対一なので、生徒と音楽についてだけでなく、色々な話をすることが自然と多くなり、また何年という単位で長くレッスンを見ている子が多いので、とても親しくなります。
成長していくにつれて、当然、皆何かしらの悩みもあり、そんな相談をすることも良くあります。大きくなってくると、特に進路については真剣な話が多く、こちらも自分の経験を交え出来る限りアドバイスしています。

音大に進むということについて、自分の考えは「本当に本気でするならとても面白い道」だと思っています。大学としては変なのかもしれませんが、卒業後の確実な進路を考えずに行く種類の学校です。ただ、本気で勉強しようと思えば充実した学校生活が送れます。「音大に行った方が良いよ」とは、今までもおそらくこれからもほぼ勧めませんが、「それでも勉強したい!」という子には出来る限りサポートしていきたいと考えています。

一番嬉しいのは「音楽が好き!」という気持ちをもって、音楽の素晴らしさを感じて成長していってもらうことです。実は残念ながら、音大を卒業しても、その時点で音楽から離れてしまう人も多いのが現状です。それよりも、ずっと生きて行く傍に音楽があるのは、とても幸せなことではないでしょうか。

tadashi

自分にとってのピアノ

2017年5月10日

以前あるラジオ番組で話しをしていた時、色々と話した後で、最後に「伊藤さんにとってピアノとは何ですか?」と聞かれたことがあります。まとめるのに最適な質問だなぁと頭の隅で思いつつ、ちょっと考えて「自分の成長に合わせて音楽が変わっていくので面白いですね。」というように答えたことを覚えています。
最近ふと、そのことを思い出して、改めて今自分に問いかけてみると、やはり同じ答えをしそうな気がします。演奏する音楽表現自体はもちろん変わっていくし、とても音楽が楽しい時もあれば、ピアノを弾きたくない時もあるし、体の使い方、音楽の背景などへの興味が強い時期もあったり、自分の変化を映す鏡のような存在なのかもしれません。 もともと様々なものへの興味がありすぎ(笑)、一つのことを長年継続してというタイプではないのに、ずっと音楽に携われているのが不思議にも思う反面、ピアノという楽器、そして音楽を通して、色々なことを教えてもらっているのかなぁと感じています。

tadashi

ヴィエナ復帰

2017年4月8日

4月2日に無事に大人の生徒の発表会が終了しました。
楽しく演奏出来た方、思うように出来なかった方、緊張で何も覚えていない方(笑)色んな感想が懇親会で聞かれました。
発表会の度に人前で演奏する難しさを実感すると思います。
回数を重ねれば慣れてきます。後は練習!開き直り!舞台を楽しむ気持ちです(*´エ`*)
来年は4月1日に決定しました。終わったばかりですが、来年のみなさんの演奏が楽しみです!!

発表会で講師演奏がありました。出産して2カ月。帝王切開をしているので2、3カ月は腹圧をかけないようにと言われていたのですが(。-∀-)
そして、23日にヴィエナコンサートでまた演奏します(笑)

演奏より、このポスターの写真。
説明しないと誰も私だと気づいてくれません(笑)
普段とのギャップが凄いんでしょうね。
この写真はちょうど1年前に東京のスタジオで撮影しました。

200枚近く撮影してもらい、メイクをしてもらったりとても楽しかったです(*´エ`*)
1つ残念なのが、今より5キロほど太っています(笑)もう少し痩せて撮りたかった・・・
全然ダイエット出来なかったのに、出産後驚くほど簡単に体重が減ります。
減りすぎると良くないと聞いているのでものすごく食べているのですがそれでやっと保てるくらいです。
寝不足と栄養を吸い取られ大変な時もありますが、基本は楽しく子育てしています(^^)

大人の発表会のリハーサルの時にベビーカーで2人を連れて行きました。
大阪から母親が来てくれて色々手伝ってもらっています。
でないと、フルートを吹く時間なんてありません(T_T)

助けられながら、子育てもレッスンも演奏も楽しみながら頑張りたいと思います!

明日からレッスン復帰です!

tomomi

おとなの生徒発表会リハーサル

2017年3月31日

今度の4月2日(日)12時半開演のおとなの発表会のリハーサルを3月20日に行いました。会場は当日と同じ、高崎シティギャラリーのコアホールです。

この日はグループでの合奏以外の生徒さんのリハーサルでした。

リハーサルは朝から夕方までありましたが、午前中は私が担当。午後は正せんせい等、ヴィエナの講師が担当で進めました。友美せんせいはベビーカーで双子の赤ちゃんを連れてきました!

1人10分ずつリハーサルをしましたが、みんな「ドキドキする!まだリハーサルなのにね。」などといいながらも、良い仕上がりで演奏していました。

当日はどなたでもご覧いただけます。終わりは夕方。たぶん16時すぎくらいまではかかります。お出かけください!

kumiko

おとなの生徒発表会準備

2017年3月17日

4月2日(日)高崎のコアホールでおとなの発表会があります。50人余りがピアノ、フルート、ファゴット、キーボード合奏などで出演します。

12時半開演で16時ころ終了。それから近くのレストランで懇親会。40人くらいが参加してにぎやかです。

この事前準備は私が一手に引き受けています。昨年の夏にまず1回目のお知らせを出しました。発表会が4月2日に決まりましたよ、というお知らせです。早くから曲を準備したい人もいますし、キーボード合奏クラブやフルートアンサンブルクラブは月に1回だけの集まりですから、実際そのくらいから準備が必要です。

次に昨年の暮れに2回目のお知らせ。詳細と申し込み書のついたお知らせです。懇親会場が決まったことなども。

そして、先日3回目のお知らせ。これは「あなたのリハーサルは3月20日の12時10分からに決定しました…」「当日の集合時刻は…」等々の最終お知らせです。

みんなが私の生徒さんなら話は簡単なのですが、そうではないので細かなところで分からないところが多く、ヴィエナの7人の講師にメールして「○○さんの曲はピアノ伴奏が付くのですか?」など。プログラムの入力を実際にしてみるとポロポロ不明部分が出てきます。最終的なデザインは伊藤正が担当です(^0^)

プログラム原稿をメールで送り、昨年の夏からの一連の作業が一山越えました。あとは当日の朝からのリハーサル等の行動計画を作ることと、司会原稿くらいです。あっそうそう、集合写真を2班に分けて撮るので、同じ人数くらいになるよう事前に班分けをしておくこととか。50人を超える発表会&懇親会となると結構いろいろあります。

 昨日も今日もずっとこの発表会の事務ばかりやっていて他のことに手が回らないのですが、前回のヴィエナのブログにもあるように、2人は子ども(双子の女の子)が生まれて今すごく忙しいので、私の身体が続く限り出来ることは引き受けていきたいと思っています。

4月2日(日)、よろしかったらぜひお出かけください。もちろん入場無料です!

kumiko

ありがとう

2017年2月17日

2月3日に無事双子の女の子を出産しました(^^)

自然分娩を希望していたのですが、まだまだ時間がかかりそうで母体が危なくなるとのことで帝王切開になりました。
術後は痛かったですが、数日で復活して予定通り10日で退院出来て今家で子育て中です。

お腹を切るとフルートに影響するのかなと思いきや、昨日吹いてみたら出産前より楽(そりゃそうか(笑))に吹けて楽しい!!
フルートも問題なく吹けそうです♪

子供たちは多少ぐずったりしますが、夜はぐっすり寝てくれて今のところはいい子にしてくれています(^^)
完全な仕事復帰はまだまだ先になりそうですが、コンクール等で頑張っている生徒さんの為に少しずつレッスンを再開したいと思います。

とりあえず、五体満足で産まれてきてくれてよかったです(*´エ`*)
心配して下さっている方がいると思うので、報告ブログでした。

tomomi

いよいよ

2017年1月26日

去年のブログに1月末に出産予定とかいたのですが、まだ産まれていません。
産まれるどころか臨月になったのに、自宅でのんびり過ごしております(笑)

双子だと早産になりやすいと言われ、1月中(予定日は2月中旬です)に出てくると思ったのですが、母体が健康過ぎてまだまだ出てきそうにありません(。-∀-) でも先生に「そろそろ入院しましょう」と言われたので、とうとう入院生活になります(T_T) ギリギリまで延ばしてもらった上に、改めて「本当に入院しないといけないんですか?」と聞いてしまいましたが、周りから「ちゃんと先生の言うことを聞いたほうがよいよ!」とアドバイスもしてもらっているので大人しく入院してきます。

最近ただし先生がレッスンの度に「もう産まれましたか?」と聞かれるよと言っているので、まだですみません(。-∀-)

みんなにもらったお守りも、もちろん持っていきます(^^) 他にも体にいい食べ物や飲み物、赤ちゃんのおくるみやおもちゃ等たくさん頂きました。 産まれてくる子は本当に幸せだと思います^^

良いご報告ができるように頑張って来ます!!

tomomi

新年

2017年1月8日

明けましておめでとうございます(^^)
今年もよろしくお願いします。

今年は初めて群馬での年越しを体験しました。
今までは毎年、車で大阪に行き毎日友人や親戚に会いに行ったりで忙しかったので、今年はさぞかしのんびり過ごすのかなと思いきや、毎日出かけて(ほぼ教室と子供関係のことですが)、あっという間に三が日が終わり、挙句の果てに風邪までひいてしまいました(T_T)
先月も風邪をひき治るのに時間がかかったのですが、もう年でしょうか(T_T)

元旦の朝は静かに2人でお雑煮を食べました。
おせち料理はくみこ先生が作ってくれた(伊藤ピアノ教室のブログをチェック!)ので、超シンプルです(笑)
来年は子供が産まれてたら賑やかになるし、2人でお正月を過ごすのは次は何年後になるんだろうねと話していました。

お昼に、結婚式を挙げた進雄神社に初詣に行ったら凄い人!!
長時間立って並ぶことが出来ないので、断念。2日に再度行ってもまだ凄い人!
たまに高崎にレッスンに行く途中に寄るのですが、その感覚で行くのと全然違いました。
3日に夕方に行ったらさすがに空いていました。

無事お参りをして今年も元気に楽しく頑張りたいと思います(^^)

tomomi

・・・