ヴィエナピアノ・フルート教室は群馬県前橋市、高崎市にある、音楽教室です。

  • 教室紹介
  • こどもの教室
  • おとなの教室
  • ヴィエナブログ
  • お問い合わせ

定期演奏会

2013年12月17日

今月の初め、高崎演奏家協会という会の定期演奏会があり、ピアノトリオで演奏しました。今回の曲はドボルザークのDumky(ドゥムキー)です。

ウィーンにいるときは3人でいつも一緒に演奏していたので、ピアノトリオというのはかなり沢山勉強しましたが、この曲は初めて。ドボルザークは新世界で有名な作曲家で、チェコの人です。ドイツ系の曲と比べると楽譜からも素朴な雰囲気が伝わってきます。

ヴァイオリン・チェロ・ピアノという編成の中で、どの楽器に重点が置かれているかといのが、曲によって変わります。今回はチェロがとても活躍しました。モーツァルトなどの場合はチェロは伴奏に徹しています。時代が進むに連れて、チェロがソロ楽器として地位を得て、あの豊かな音でメロディーを奏でるようになってきます。
やはり、他の楽器と一緒に演奏するのは楽しく、一緒に音楽を作っていける喜びがありますね。

そして、いつも、いつかチェロを弾いてみたいと思っています・・・

tadashi

どきどきの抽選会

2013年12月3日

「お母さん、たしかクジ運よかったよね!」と正。「そんなこと全然ないよ」と私。「絶対いいですよ!昨年、フライパン当たったじゃないですか。」と友美せんせい。「ウン、当たった…。でもフライパンだよ……」と私。

 こんな会話から、来年12月の子どもたちの発表会の抽選会は私が行くことになりました…

 毎年、会館のホールの抽選会にはとても頭を悩ませます。
春にはおとなの発表会。冬には子どもの発表会。前橋市民文化会館。担当してくださる会館のみなさんも優しく、音の響きもよく、大好きなホールです。ただ、みんながそう感じているのでしょう。なかなか取れません。一つの発表会が1回の抽選会で取れることは珍しく、たいてい2.3回通います。

 抽選会は使用したい月の1年前の1日です。来年12月に使いたければ、一年前の今年の12月1日に抽選会です。実は先月、11月1日の朝は正せんせいと友美せんせいが行きました。でも取れなかった。それで、「私たちはクジ運が悪い。とれる気がしない。」という話になったわけです。

 ヴィエナの子どもたちの発表会は、今年は9枠使用しました。午前、午後、夜をそれぞれひと枠とした場合です。発表会が5部で5枠。それに対してのリハーサルが平日等で4枠です。それをうまく組み合わせて取るのは毎年至難の業。本当に私も取れる気がしないのです。よく毎年、発表会出来ているなと自分たちで感心するほどです。

 「さあ、明日が抽選会だ!」となると、私はその9枠の組み合わせパズルを始めます。
もし、明日クジで1番が当たったらすぐに希望日を伝えなくては、あとの方々をお待たせしてご迷惑がかかります。また、悪いクジを引いてしまったら、第1希望は無理ですから、第2,第3希望も前もって考えておかなくてはなりません。

抽選会前日に1時間以上考え、また当日朝、再度ホームページの「空き状況」を早起きして出発1時間前にチェック。そこで思わぬ発見。「えっ、11月15日(土)が空いた!」確か昨日は空いていなかったはず。そこで、もし12月の抽選会で良いのが取れなかった場合、この11月15日を使用した場合のシュミレーションも急いで考えました。「あっもう出発の時間だ」と市民文化会館へ。

 15分前についたらもう会場はいっぱい。わたしは20番めの団体でした。後ろのほうに座ったのですが、どこが空いているかが書いてある黒板が良く見えない。それで前の席に移動しました。そこでまたもや「えっ!」。なんと私の第1希望、第2希望が急に使えなくなっていたのです。前橋市が第1週の土日、第2週の土日を借り押さえしたとの説明。きのうの空き状況では確か空いていたのです。会場のみんなもざわついています。会場に50人は来ていたと思います。

前橋市の催しが優先なのは知っていますし、そのことをどうこう言うつもりはありませんが、どうしてもっと余裕をもって取ってくれなかったのでしょうか(少なくともホームページには反映されていませんでした。)しかも、どちらになるかわからないので「とりあえず」2候補押さえている。一夜にして一番貴重な4日間が減りました。会場に朝から来ている多くの人たちは、その急に取れなくなったところを取りたくて来ていたと思います。なぜなら次の第3週の土日は以前から公的催しで、小ホールは押さえられていて、その次の土日はもう年末、会館最終日ですから。

 市民文化会館の館長さんや係の方たちも大変のようでした。「このどちらかは空くので空いた時点で、希望者の方々の再抽選をいたします。」との説明。でもそれがいつになるかはわからないとのこと。市民文化会館は押さえるように言われているだけで、会館が決められる催しではないのでしょう。私は過去、数十回抽選会に参加しましたが、このケースに出会ったことはまだありません。みんなの中からは「うちは金曜日から、土日セットで使いたいのですが、金曜日は今日取れるとして、第1週、第2週どちらの金曜日を私は予約しておけば良いのでしょうか?」と本当に聞いていてもパズルのような質問に会館も困っているようでした。

そしてもう一つの話。会館から「11月15日が1つ空きました。ここをご希望の方は挙手してください。いらっしゃいませんか?」たぶん、数人いれば、その場でじゃんけんとか、くじ引きとかになるのだと思います。ところが急な話で挙手はありません。私は朝シュミレーションしていたものがここで頭に浮かび「これで行くほうがいい。」と2秒ほどで(笑)決めました。結局、挙手したのは私ひとり。「では、あなたはもう抽選会に参加しなくていいので、今からすぐに事務室に行って(会場費を払ったりの)手続きをしていってください。」と言われました。それなのでその後の抽選会の様子はわかりません…

 一番に会館の駐車場に戻ったら、駐車場の係のおじさまが、「早かったね。もう取れたのかい」と。私が「抽選会の12月分ではなくて、ひと月前の11月に空きが出たのでそこを選べたんです」と。「それは良かったねえ!」と祝福していただきました。

 ヴィエナに戻ってから報告。「クジ運が良かったのではなく、今回、年の功での判断だったね(笑)」と正。

kumiko

新しく

2013年11月25日

こんにちは!すっかり寒くなり、体調管理に気を遣う時期ですね。皆さんお風邪など引いてらっしゃらないでしょうか。
さて、11/3、4は発表会がありました。私自身初めての発表会で、講師の立場ながら緊張していましたが、皆さんの堂々とした演奏に感激しました。
発表会に向けて一生懸命練習する姿や、本番を楽しんでいる子たちを、かっこいいなー、と思いながら眺めていました(^-^)

遡りますが、発表会の曲決めもとても楽しかったのです。普段触れることのない作曲家の小品がつまった子供のための曲集等もあり、その中から素敵だなと思った曲を選んで弾いてもらいました(^-^)

発表会ではみんな素敵に弾いてくれて、感激でした。次は何を弾いてもらおうかなと、楽譜を眺めています。

makiko

発表会

2013年11月8日

11月3日、4日に子供の発表会を前橋市民文化会館で行いました(*´エ`*)

1部の生徒さんと、何人かの私の生徒さんにはお話したのですが実は前日の2日は日帰りで大阪に行っていました(。-∀-)
私がヴィエナの講師になった年に一緒にフルートの演奏会をしたお友達の結婚式が大阪でありました。
大学からの友達で卒業後も私はウィーン、友達はドイツに留学していて、留学中もお互いの家に遊びに行ったりしていた本当に大切な友達。

友達のご両親にも本当にお世話になっていたし、ただし先生もとっても仲がいいので2人で車を走らせて行ってきました。
滞在時間9時間、移動時間15時間の旅でしたが、行けるもんですね(笑)

大学仲間は今でもみんな現役で演奏や指導をしているので、フルート6重奏で演奏もしてきました!

そんなこともあり、3日は大変だったのですが今年からまきこ先生という強い味方がいたので本当に助かりました!!
細くて華奢なのにとってもパワフル!!大活躍でした(*´エ`*)

発表会は2日間続けてホールを借りられたのでただし先生がデザインした発表会のプログラムとお揃いのバルーンを作ってもらいました。

みんなしっかり演奏して

1部と4部ではみんなでボディーパーカッション

連弾も背景の色を変えてもらったりして楽しく演奏出来ました。

私は講師演奏として1部まきこ先生とネコバス、4部まきこ先生と君をのせて、5部ただし先生とヴィドールのスケルツォを演奏しました。
5部の講師演奏は3日のみんなの演奏を聴いて、自分も何かに挑戦しようと前日に暗譜をしました(笑)

本番良く出来た子、良く出来なかった子と色々ありますが大きな舞台で立派に演奏している姿を見るとみんなキラキラと輝いていました!
こういった経験は必ず大人になったら活かされると思います(*´エ`*)

また来年みんなの成長した姿を見るために、レッスンを張り切って頑張りたいと思います!!

tomomi

カラー

2013年10月31日

教室のブログに書くのは遅くなりましたが、今年のリサイタルが終わりました。
沢山の方に聴きにきていただき、感謝です。
昨年はリハーサルと称して当日に録音したりしていて、本番が始まる前にすでに疲れていたという経験も生かしつつ、今年はある程度自分のカラーが出せた演奏が出来ました。

クラシックというジャンルは、多くの人が同じ曲を弾くこともあって、それぞれの演奏者による音楽の違いを聴くという楽しみがあります。元々は作曲者が想いを込めて書いた曲なので、それ以上のことはないはずですが、楽譜に記しているだけなので、それを音にするに当たっては、やはり演奏する人の音楽性が関わってきます。

演奏する側としては、作曲した人の意図を汲んで演奏するのは当然として、その上に自分のカラーは出てくるものです。
今年のテーマは私が30歳ということもあり「作曲家たちの30歳」でした。やっと自分のカラーというものが自覚でき、ある意味あきらめも出来て、納得できるものになりました。
来て下さった多くの方には、色々な感想をいただいて、とても有意義なリサイタルとなりました。ありがとうございました。

tadashi

小旅行

2013年10月19日

久しぶりに、泊まりがけで出かけました。車で。

運転は全部、主人です。私は自分の車なら大丈夫なのですが、主人の大きめの車で高速道路、などは得意ではありません。

主人は運転は嫌いではなく、息子たちが小さいころは、家族旅行で青森くらいまで、サービスエリアでちょっと休憩するくらいで、あまり疲れた感じでもなく走っていました。

でも最近は2人とも「近くがいい!」と考えが一致。

新潟の弥彦神社とマリンピア日本海。あとはお寿司と温泉。

のんびりタイプの旅行です。

弥彦神社

9月下旬ですが、まだとても暑かったです。

以下は、全部マリンピア日本海。7月にリニューアルオープンしたそうで、とても綺麗で、ホントに楽しかったです。

旅行でリフレッシュしてさあ10月は発表会準備。11月3、4日は発表会。どうぞ皆様おでかけください。

前橋市民文化会館 小ホール

11月3日  9:30~  幼児の部

       13:00~ 小学3.4年生の部

       17:00~ 中高生の部 

11月4日  9:30~ 小学1.2年生の部 

       13:00~ 小学5.6年生の部

いずれの部も上記開演時刻から2時間程度の演奏です。どなたでも無料でご覧いただけます。駐車場は詰め込みいたしません。お気軽におでかけください。

kumiko

アニメコンサート

2013年9月24日

最近すっかり涼しくなり、秋の気配が濃くなって参りました。芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋。何の秋にしようかなと迷いますが、やはり今年も食欲の秋に落ち着きそうです…

9月16日、ヴィエナ前橋館ではアニメソングコンサートがありました!
今年は私が演奏させて頂きました。
親しみやすいアニメソングを色々と聞き、どれを演奏しようかと考える時間はとても幸せなものでした♪

ですが当日、なんと関東を台風直撃…。これはお客様があまり集まれないのでは…、と心配でしたが、お足元の悪い中沢山の方々にお越し頂き、とても賑やかで楽しいコンサートとなりました!ありがとうございました。

 初めはプリキュアやクレヨンしんちゃん等、今流行っているアニメソングを集めました。
全体にゴージャスな曲が多かったので、その雰囲気を崩さず演奏出来ていたら幸いです。皆さんの歌声がちらほら聴こえて、とても嬉しかったです(^-^)/

中間のポニョとトトロでは、皆で楽器を鳴らしたり、歌ったり…ピアノの音が殆ど聞こえないくらい(笑)とてもハイテンションに盛り上がって下さり、演奏しながら楽しくて笑いが止まりませんでした。

 最後は、友美先生のフルートと一緒に、ディズニーの名曲を。フルートの柔らかい音色でとてもロマンチックな雰囲気に…。ホールニューワールドでは、弾きながらうっとりしてしまいました(笑)

そして最後は皆で、「小さな世界」を歌って終わりました♪
素敵な大合唱で、本当に素晴らしい時間でした!また皆さんと楽しめるコンサートが出来たらいいなぁ…と思いました♪

makiko

私の趣味

2013年9月5日

この前「先生の趣味は何ですか?」と聞かれ、「旅行、食器集め、料理・・・」等色々考えていたら全て「食」にまつわるものでした(笑)

私は美味しいものを食べることが大好き(みんなそうですよね)(*´エ`*)
旅行の目的はいつも観光ではなく、その土地の美味しいものを食べることです(笑)
日本国内ではもちろんですが、海外にも食を求め旅に出かけます!
最近ハマっていたのが「タイ料理」

学生のころアジアン料理のカフェでバイトをしていてその時にパッタイ(タイ風やきそば)を食べた時は衝撃を受けました(ノ・ω・)ノ
今まで食べたことのない不思議な味。だけど癖になる・・・
どうやって作るんだろうと色々調べて食材を買って作ってみてもしっくりいかない。

じゃあ、本場の味を確かめに行くしかない!!と2年ほど前初めてタイに行ってみました。
もうどれも美味しくて(辛いものやパクチーの嫌いな人にはキツイかもです)タイ料理を食べまくりました!
ハマりすぎて現地の料理学校へ行って作り方を教わったりもしました(笑)

普段はそんなに食べないのですが、たまに無性に食べたくなるときはタイ料理を作ります。
作り方を解ってしまうととっても簡単でパッと出来る料理ばかり。


左上:パッタイ                  右上:パックブン
左下:タイカレー              右下:カオマンガイ

タイのバンコクまで飛行機で約6時間。御飯は美味しいし物価は安いしマッサージも最高なのですがもうちょっと近かったらいいのにな。

ということで、タイの魅力をお届けしました(笑)

tomomi

共感

2013年8月27日

お盆に、ともみ先生の親戚のいる長崎に行ってきました。何回か前のブログにはガラスのコップの写真があったように、陶器や漆の器などを気に入ったものがあると揃えています。
最近は好みが変わってきて、所謂、綺麗につくられているものが良い感じです。前は少しボテッとしているような感じのものを選んでいました。

そして、長崎。有名な伊万里の街が近くにあります。お隣の佐賀県です。ウィーンの博物館にも、昔の万博で展示されたものなどがあり、当時は日本の焼き物が珍重されていた様子を見て印象に残っています。
その伊万里で、最も伝統的なお店の一つで御庭焼というのがあります。昔、将軍に献上するために作られていたものだそうです。そのお店の方と話していると、難しい話でも良く分かる。焼き物と音楽との違いはあれ、感覚的に通じるものを多く感じました。

ひとつのことを突き詰めていく過程では、同じような経験をするんですね。とても共感してしまいました。そして・・・今これを書いている横にはその方の作品が飾ってあります(^.^)

大切に使っていきたいと思います。

tadashi

真木子先生、半年たちました。

2013年8月20日

木の香りのする新築のホール(高崎)でのレッスンスタートから半年がたちました。

「すてきな先生が教室に加わりました!明るくて、とてもさわやかな先生です。もちろんピアノも抜群。」と3月のブログに書いてから半年です。

 真木子せんせいは、楽しくレッスンしています。生徒さんひとりひとりが皆、個性的で、それぞれのレッスンを「自分のほうが楽しんでしまっているかも。毎回新しい発見もある。」とすごく前向きに取り組んでいます。

半年が過ぎ、現在の様子は、月曜と土曜で10数人。せっかく「募集再開しました」と書いた高崎教室ですが、またまた子どもの時間帯で満席の可能性も出てきてしまいそう…

きよう現在の様子は、月曜日の空きが3つ、土曜日の空きが5つです。ただ、無料体験が2つ入っていますので、そこが決まるとさらに2つ減ります。夜の時間帯(小学校高学年からくらいでしょうか)はまだ結構選べますが。

どうしようかな?と考えている方は、ぜひ無料体験レッスンの問い合わせをくださいね。
電話は代表伊藤久美子まで。電話の方が、日程決めなどはスムーズに進むと思います。
(真木子せんせいのプロフィールは講師紹介のページにあります)

kumiko

夏休み

2013年8月3日

こんにちは。夏休み、いかがお過ごしでしょうか?生徒さんの肌が日々小麦色になってゆくのを見て、夏を感じる今日この頃です。暑いですね。

さて、9月に行われる敬老の日のコンサートの中のアニメコンサートですが、恐れ多くも私が演奏させて頂くこととなり、皆さんがどんなアニメを見てらっしゃるのか色々と伺っています。

もう全く知らないものばかりなんだろうなーと思ってたところ、アンパンマン、おさるのジョージ、ジブリ…私も馴染みのあるアニメばかりで、とても嬉しいです♪

リクエスト等ありましたら、是非お知らせくださいませ(^-^)/

ところで夏休みらしいことをひとつ。この間、上野動物園に行って来ました。動物園なんて久しぶりでドキドキしたのですが、とっても楽しかったです。

パンダさんは笹を食べてましたが、

両手を使って外側の固いとこを剥いて、中の柔らかいとこを食べるのですね。器用ですね!

鼻でほうきを持って、お客さんを楽しませてくれてます。笑ってますね! 閉館までいたのですが、閉館するときに、聞いたことのある音楽が流れて来ました。あら、これは何の曲だったかしらと耳をすませたら、サン=サーンスの白鳥でした♪ ということで白鳥の写真を…と思ってうろうろしたのですが、白鳥を探し出せなかったので、

フラミンゴです♪綺麗ですね。さすが動物園、音楽でも楽しませてくれて、大満足でした。 皆さんも素敵な夏休みをお過ごしください♪

makiko

発表会に向けて

2013年7月18日

ここ最近少し涼しくなりましたが、毎日暑いですね(。-∀-)

来週から子供たちは学校は夏休みになる楽しい時期になりますが、そろそろ発表会の曲を決めています。
今年は去年より1カ月早く11月に発表会が行われるので気がつけば後3カ月半!?
小さな生徒はまだいいですが、大きな生徒は曲を決めて夏休みの間に練習を頑張ってもらおうという感じです!

結構みんな「あの曲やりたい!!」と意見を言ってくれるので決めやすくはありますが、連弾があるので2曲選ばなければいけません。
しかも、連弾はソロの曲や親御さんのレベルによって簡単にしたり、難しくしたり、作ったり、編曲したり・・・

今部屋や鞄の中が楽譜でぐちゃぐちゃですが、11月にみんな楽しく笑顔で発表会が開催出来るように頑張ります(*´エ`*)

全く関係のない話ですが、先日東京で涼しげなグラスを求めギャラリー巡りをしました。
3軒まわって、ただし先生は2つ目のお店で日本酒セットを購入。
3つ目のお店で私は一目ぼれしたグラスを購入。

グラスを包んでもらっている時にただし先生の買ったものを開けて店員さんに見せるとビックリ!!
このグラスはただし先生の買った日本酒セットの作家さんの奥様だそう(ノ・ω・)ノ

2人で夫婦の作品を購入したみたいです(笑)

こんな偶然ってあるんですね!面白い買い物でした(*´エ`*)

tomomi

子どものためのヴィエナコンサート

2013年7月9日

毎年恒例の、子どものためのコンサート。ヴィエナの生徒たちに、レッスン以外でもできるだけ音楽に親しむ機会を作る目的で開催しています。今年は群馬交響楽団のコントラバス奏者、若林昭さんをゲストにお招きしました。

コントラバスは普段近くで聴くことの少ない楽器です。背丈よりもずっと大きな楽器の音を、子ども達はどのように感じたのでしょうか。体に響いてくるような、迫力のある、そして同時に優しい音でした。
一緒に演奏しましたが、ピアノの方が高い音を弾くことが多いので、伴奏なのにちょっと大きくすると伴奏に聞こえなくなってしまいます。相手の音を聞いていれば問題ないとは言え、バランスは少し難しいところです。様々な楽器と合わせる多くの機会では、沢山の発見があるのでいつも楽しみにしています。

最後は客席のみんなも一緒に歌いました!
若林さんありがとうございました。

tadashi

おとなの発表会のこと

2013年6月20日

6月2日(日)の午後、一年に一度のヴィエナおとなのピアノ・フルート発表会が終わりました。前橋市民文化会館小ホール、70名の参加でした。その様子を書いてみました。

●半年前
発表会の曲が1人2分45秒までと決定。さっそく準備にはいった方も。発表会に初参加、ビアノやフルートも始めたばかりという方も10人。

●リハーサル
発表会1週間前の5月27日(月)に全日、1人10数分、当日と100%同じ状態を作りリハーサル。照明の明るさやピアノの位置等々。「ああ、リハーサルなのにこんなにドキドキして、当日どうなるのかしら!」と言う声も…

●発表会の日の朝
8時40分に私は会場到着。事前打ち合わせは別の日に済ませてあったのですが、実際当日になると、「何時からキーボードのリハーサルが入るので、そのときマイクの調整をしていただき、そこで写真も撮るので、照明は今は70%だけど、そのときだけ100%にしてください」等々、担当の技師の方々とこまかなことがたくさん。
花屋さんが何時、司会者が到着したらこの原稿(名前のふりがな付きなど)を渡して、友情出演の方4人が見えたら5分ずつリハーサルしていただき、弾き語りの方のマイクテストも…と裏方も分刻み。
11時40分の全員集合の写真撮影までが、あっという間にすぎました。
駐車場の一部詰め込みのこともあり、2階小ホールと駐車場の間を10往復以上し、午後の開始時には、力を使い果たし、なんか始まっ途端に「よし、これで終了」と山の頂上にたどり着いた気分になってしまいました。始まる前に気が抜けてどうする(笑)

●開始直前
今回から写真屋さんに集合写真や個人個人のステージ写真を撮っていただくことにしました。集合写真は本当は70人一緒がよかったのですが、それでは1人1人の顔が小さくなりすぎるので、2班に分けて撮影。さすが、おとなは子どもの発表会と違い、さっと並んで静かにあっという間に撮影完了。個人のステージ写真はこちらが考えていたより、希望者が多かった。確かにステージで弾いているところの写真など、ベストショットは個人ではなかなか撮れませんものね。

●発表会
1人1人のドキドキが伝わってきました。でも会場は温かい応援の気持ちであふれていて、とても良い雰囲気。フルート独奏の人数も増えて、ピアノ弾き語りや、他クラブからの友情出演、キーボードアンサンブルは会場を包む音の響きで、すごく感動したという声も多かったです。4人の講師もそれぞれ演奏、と盛りだくさんで飽きない演奏会になりました。
今回、曲名申込時に「必ず1人2分45秒以内の曲。」と厳守したため、何とか4時半に終了。片付けも済ませて、5時には出ないとタイムアウトなんです。もし制限時間があと30秒ずつ長かったらアウトでした。曲を一部カットした編曲で演奏してくれた人も多く、お互いの協力のもと、とてもスムーズで楽しめる発表会となりました。
これだけ人数が多くなると、テレビ局の秒読みほどではないですが、事前の進行の時間設定は本当に重要な問題になってきます。当日「どうしよう、終わらない!」などとドキドキしないで余裕をもったニコニコとした時間を共有するためにも、このような細かな裏方はとても大切。私はいつも「進行をきちんと設定することによって、ゆったりと気持ちよく進む」と思っています。

●懇親会の様子
16時半から18時過ぎまで、60人で、市民文化会館の2階のレストランを借り切って懇親会。今回とてもうれしかったのは、誰も知り合いのいない個人レッスンの方が何人も積極的に懇親会に申し込んでくれたことです。
発表会の申込書は2段書きになっています。①発表会申し込み ②懇親会申し込み。
いままで個人レッスンの人は、「発表会は参加するけど、懇親会は出ないで帰ります」が多かったのですが、今年は特に誘わなくても、自然に参加に丸がついている人が多かったのです。そして、結構、初対面の人同士で盛り上がっていました!個人レッスンって、ちょっと孤独です。みんなはどのように練習しているのかな?きょうの発表会の感想は?等々、発表会から自宅に直行ではないものを求めた方も多かったのですね。

 話が弾んでいて、お料理が残ってしまったのは残念。また、食事前の挨拶が長かったので食べる時間が短かったことも原因の一つです。でも誰か1人が長くしゃべったのではないんですよ。5つのピアノクラブからそれそれクラブ紹介、フルート個人レッスンから1人、ピアノ個人レッスンから1人、3つのキーボードのクラブから、4つの友情出演の方から、といろいろな方が代表で、1.2分ずつ話しただけ。みんな演奏が無事終わったあとの開放感から、にこにこと笑いも交えて、これがまた楽しかったのです。「どうぞ、うちのクラブに入ってください。」という勧誘も多かったのですが、もうヴィエナに入会している人同士がお互い勧誘し合ってどうする?…ところが、ピアノの人を、キーボードクラブの人が「こちらも入って!」と勧誘成功!などもあったらしい。

●終了直後のこと
みなさん解散し、私は会計を済ませ、講師4人は、駐車場に。正せんせいと、友美せんせいの2人は一台の車でヴィエナに向かいました。キーボード8台や譜面台等をギューギューに積み込んで。「じゃあね、一足先にいくね!」と。私は真木子せんせいを前橋駅まで送って、ヴィエナに行くことに。ところがエンジンがかからない…。あっ、懇親会の始まる前に2人に「私、懇親会の司会を進めているよ。私の車の鍵渡すから、荷物を車に積んじゃってね」と鍵渡した!それをまだ返してもらっていない!真木子せんせいには、前橋駅まで歩いてかえってね、ということになり、私は急いで2人に携帯したのだけど、あいにくまだマナーモードにしてあるらしく、通じない。あきらめて車に30分くらいいたら、やっとかかってきて、「今からかぎ持っていくよ。」結局1時間近く、市民文化会館の暗い駐車場の車の中で1人、発表会の余韻を強制的に(?)楽しむ時間を持つことになりました。けっこう、良い時間でしたよ。ふつうこんな時間は持てないですものね。それに場所が会館の駐車場だから余韻を楽しむにはぴったりでした。

●終了数日後のこと
みんなの感想がいろいろ入ってきます。あがって真っ白で何を弾いたのか覚えていない、という方が結構多かったです。たまには、「まあまあ弾けました」という方も。「間違っちゃった」と気にしている方も多いですが、その方がおっしゃるほど、聞いているほうとしては気にならない。とても素敵に弾いていらしたKさんに「とても綺麗に弾けましたね」と言ったら、Kさんいわく「以前は、そんなふうに言われても、信じようとしなかったけど、年も重ねたので、いまは素直に、ありがとうございますと思い、その言葉を信じることにします。」と笑いながらの返事。さわやかな笑顔が素敵でした。

kumiko

初ブログ

2013年6月13日

こんにちは!4月から、ヴィエナの新しい講師として入りました、黒沢真木子です。
記念すべき初投稿ということで、レッスン室をご紹介します(^-^)/

私は、高崎館に新しく増築されたレッスン室でレッスンをしています。天井が高く、柔らかい自然光が入るとても素敵なお部屋です。ピアノもよく響き、無理なく音を出す事ができます(^-^)/

そしてピアノは前橋館から移して頂いた、エアバーです!輝くような音の出る、素敵なピアノです。なかなか触れる機会のないピアノですので、毎回のレッスンで弾けるのが楽しみなんです♪

私は月曜日と土曜日、このレッスン室で素敵な生徒さん達と一緒に楽しくピアノを勉強しています(^-^)
レッスンをする度に毎回新しい発見があり、生徒さんよりもきっと楽しんでしまっています、私。すみません…m(_ _)m

これから、もっともっと充実したレッスンを目指して頑張ります♪
そして新しい生徒さんもお待ちしております(^-^)/

makiko

久しぶりの

2013年6月4日

5月は何だかすさまじく忙しい日々でした。

毎年恒例のGWに大阪の実家へは帰れずレッスンや教室の用事で終わり、12日19日は子供のミニ発表会。
ミニといっても、今年は100人参加!!計6部制の発表会になりました!

21日から30日は教室の生徒さんとウィーン・ヴェネツィア旅行へ行ってきました(*´エ`*)
旅行といっても、ウィーンは何だか第三の故郷に帰ってきた感じがしました。
新調したカメラで綺麗な写真をたくさん撮って来ました。

~ウィーン~

 

 

左上:デーメルのザッハトルテ       右上:オペラ座でカルメン鑑賞
左下:ハルシュタットへも行きました       右下:夜のシュテファン大聖堂

~ヴェネツィア~

 

 

左上:みんなで食べたジェラート 右上:夜満潮で水没したサンマルコ広場
左下:ゴンドラで水路を散歩   右下:美味しいイカスミパスタ

まだまだ沢山写真がありますが、綺麗な写真をピックアップして前橋教室に飾ろうと思っています(*´エ`*)

帰国後3日目は大人の発表会。
フルート、ピッコロ、ピアノ、指揮で舞台に立つので時差ぼけになっている暇などありませんでした(。-∀-)

そんなこんなで怒涛の5月でした。

tomomi

悩んだ末に

2013年5月20日

新しいカメラを買いました。今まで使ってたのが反応が鈍くなってきたので、この際新しくしました。
どうせ買うなら、ちょっといろいろ見ようかなってことで、一眼レフまでが候補に入りました。
こうなってくると、徹底的に調べるのがいつものパターン
一週間ほどでカメラについての知識がかなり増えてしまいました。F値・・・何?だったのが、レンズの明るさのことでそれが小さいと云々などかなり覚えました。
ミラーレス(コンパクトカメラと一眼の中間の様なもの)は大きさが中途半端、一眼は大きすぎ。最後には、コンパクトカメラで画質にこだわったものに落ち着きました。
一眼で撮った写真は本当に綺麗なものもあります。レンズもこれ!というのがありましたが、合わせて重さは1キロオーバー。他のレンズも合わせれば、2キロ近くにはなります。
例えばそれを背負って夏に山に行くのはちょっと重いし、でもきれいなのでちょっと後ろ髪を引かれましたが、結局は小ささと軽さで選びました。
まだ、知識だけの頭でっかちなので実際にいっぱい使ってみたいと思います。このページの写真ももっと綺麗になるかもしれません(笑)


tadashi

真木子先生レッスンスタート

2013年5月8日

高崎館の増築完成!木の香りのする新しい部屋でのレッスンが今日から始まりました。4月に体験レッスンを受けた生徒たち。真木子せんせいのレッスンは月曜日と土曜日ですが、月曜日4人、土曜日3人のレッスンが今月スタートです。

 新しい講師が加わり、ヴィエナの雰囲気は春の明るさも手伝って、さらにウキウキしたものとなっています。

増築のこと、体験レッスンの設定等々、4月があまりに慌ただしく、ブログがストップしてしまいました。毎週交代に書くわけなのですが、私の番でなんと3週間も。チェックしてくださっていた方ごめんなさい。

昨晩は6時に正せんせい、友美せんせい、主人、私、みんなで高崎館に行き、新しい部屋に机を入れたりと、がたがた動いていたらあっという間に3時間たちました。早く帰って夕食にしよう…と言いつつ、きりもなくいろいろあって…でもいつも夕食は10時すぎで、こんな毎日です。

新しい部屋は、とても良い感じに仕上がりました。本来は2階を作れる高さにまでに、天井を高くしました。ピアノは前橋館で使っていたウィーン製の名器エアバーを運び入れました。とても良い音がします。
前橋館にピアノが一台減ってしまったので、急遽、ヤマハC3Xを購入。まだ店頭にあまり並んでいない最新型です。ヴィエナの今までの5台は全部外国製でしたので、始めて日本製が仲間に加わりました。良い音がしています。きょう前橋館にとどきました。

本当にホッとしたことは、防音の成功です。ホールと新しい部屋は隣り合わせですので、もし音が聞こえ合うとレッスンが成り立ちません。それが、お互いの音が邪魔しない感じに仕上がり、とてもありがたく思っています。建築にたずさわってくださった方々に感謝しています。

 まだ、駐車場のアスファルトをはがしたところの舗装が終わっていなかったりと、
100%の完成ではないですが、ようやくすべてが動き始めました。

 真木子せんせいに習いたい方は、今ならまだご希望の時間が選びやすいので、満席にならない内にぜひお電話ください。お待ちしています。

kumiko

おめでとう!

2013年4月11日

3月末の話になりますが、フルートの生徒Hちゃんが日本ジュニア管打楽器コンクールで金賞(1位)になりました!!

とても大きなコンクールなので受けると言った時は中学生最後の思い出作りにといった気持ちで、正直本選にいけたらいいなと思っていました。
テープ審査の予選を無事通り、本選はただし先生は伴奏、私は付き添いで東京へ行きました。
本選では練習の時の方がうまく吹けていたなぁ・・・と思いながらも結果を待っていたら金賞で名前が呼ばれた時誰よりも大きな声で「うそっ!!」と叫んでしまいました(。-∀-)
(Hちゃん、ごめんね(笑))

その5日後にあった受賞者記念コンサートでは、練習の時よりも堂々と自信を持って吹いている姿に感動しました(*´エ`*)
前にも書いたかもしれませんが、一番になるということはとっても大変なことです。
たくさん練習して、努力して、理解して・・・本当に良く頑張ったと思います。
少しでも彼女の役に立てたことを嬉しく思います(*´エ`*)

まだまだ上手になるので、私を飛び越えて上達してもらいたいです(*´エ`*)
ということで、1週間に2回も東京へ行ったのが初めてでした(笑)

その2回目の東京へ行く朝は煥乎堂のコンクールの本選があり、ただし先生の生徒が金賞をもらいました!
Aちゃん、おめでとう!!

HちゃんもAちゃんも上毛新聞に写真付きで載っていました(*´エ`*)
最近コンクールを受ける生徒が増えているように思います。みんな頑張ってもらいたいです!

でも、教室にいるみんながコンクールを受けなくてもいいと思います。
100人いれば、100通りのレッスン方法があります。
その子にあったレッスンの進め方で「笑顔で楽しく」音楽を続けてもらいたいと思います!

tomomi

室内楽シリーズ1

2013年4月2日

先日ヴァイオリンの水谷晃さんとデュオコンサートをしました。沢山のお客様においでいただきありがとうございました。

終わってみての感想は「楽しかった!」です。色々なアイディアをもったヴァイオリニストで、合わせて練習するのがとても新鮮でした。
曲も古典から現代曲まであったので、本番も楽しかったです!

ピアノは一人で沢山の音が出せてしまうのでひとりでの演奏が多くなりますが(それはピアノの一番すごいところです)やっぱりひとりでは音楽的な広がりが少なくなってしまうこともあります。
ピアニストにとって楽器の奏者との演奏はそういった意味でとても意味のあるものになりますね。

一緒に呼吸し、音楽することの楽しさを再確認させてもらいました。

tadashi

ヴィエナ新講師 黒沢真木子

2013年3月19日

すてきな先生が教室に加わりました!

明るくて、とてもさわやかな先生です。もちろんピアノも抜群。
レッスン曜日は平日(曜日は4月に決定)の午後~夜と、土曜日の14時~夜です。
無料体験レッスンを4月にして、その後5月からレッスン開始となります。

まきこ先生は4月からOKなのですが、今、増築している部屋がまだ完成しないのです…。
大工さんが頑張ってくれています!柳さん、涌井さんありがとうございます!家をたてるには本当に多くの方にお世話になります。みなさんに感謝です。

新緑の5月から、木の香りのする新築のホールでの新しい出発!気持ちもうきうきします。
今の高崎のホールより、少しだけ小さな部屋ですが、天井の高さは今のと同様、とても高くて、開放感にあふれています。
本当に建築会社、広瀬住宅さんの新築は何年も新築の木の香りがして、私は前橋館も高崎館もそれを味わうのが大好きでした。またその香を味わえるのは嬉しいです。

小さな生徒、とくに友美せんせいの生徒は、小さな子が多いのですが、しょっちゅう「先生、何作っているの?どういう部屋ができるの?」と先生を質問ぜめにするそうです。

一年以上、生徒募集をストップしていた高崎教室。特に土曜日はもっと前からストップしていました。待ちに待った再開です!

入会希望のみなさんおいでください。といっても、平日1日、と土曜なので20人ほどでまたストップです…開講を待っていた子どもたちの体験レッスンも始まりました。入会したい方は今がチャンスです。ぜひ、代表伊藤久美子までお知らせください。メールより電話が対応が早いです。

私の失敗談を一つ。

ヴィエナはキャンセル待ちの制度を作っていません。数か月前に、お断りしてしまった方に「再開しました!」の電話を入れようにも、控えてもいません。ただ携帯に電話をいただいたとき、一応「4歳女の子高崎満席」程度だけ残していました。

いつ電話をいただいたのかわからないのですが比較的登録番号が新しい方にのみ、「ヴィエナピアノ教室の伊藤と申しますが、再開しまして…」と電話を入れていました。

きのうまた「ヴィエナピアノ教室の…」と電話したら「ああ先生、ピアノお世話になっています!」「えっどこで???」「ヴィエナですよ。」「えっ○○ちゃんちですか?」「はい。」また別の電話でも「ヴィエナ…」「はい、○○の母ですが、なにかありましたか?」

こんなことを3件もしてしまいました。携帯詳しくないのですが、登録番号がなにか更新とかで入れ替わるのかもしれません…。Kさん、Oさん、Tさん、変な電話してしまって失礼しました。

kumiko

自転車

2013年3月13日

最近花粉がすごいですが、みなさまは大丈夫でしょうか?
昨年、一昨年と花粉症疑惑だった私ですが、今年は何もないのでやっぱり花粉症ではなかったようです。
でも、一応花粉対策に外に出るときはマスクをつけています!
花粉症のみなさまはどうぞお大事にしてください(*'ω'*)゚+.゚。

さて、一昨年の夏にただし先生がクロスバイクを買いました。
ここは車社会の群馬県。自転車でしかも車道を走るなんて危ないし車を乗っている人にとっては、はた迷惑(だと思っている私(笑))

いや、思っていたのですが・・・

遂に私も買っちゃいました(笑)
写真は利根川サイクリングロードを走った時のものです。

何だか今年は年末年始に運動しないとと思い、手軽に通勤がてら運動できないものかと考えた結果が自転車。
だけど、普通の自転車よりかっこよく乗りたいということでクロスバイクになりました(。-∀-)

通勤と言ってもただし先生の様に高崎まで行く元気はありません。
とりあえず週1回前橋教室までを目標にします(目標が低すぎる(笑))

久しぶりに運動したら自分の体力のなさにビックリ!!情けなくなりました(。-∀-)
これから暖かくなってきたらどんどん乗って行きたいと思います。

格好だけは一人前でふらふらのろのろ運転をしているのはきっと私なので、道で見かけたら温かい目で見守って下さい。

tomomi

春の足音

2013年2月28日

ヴィエナのおとなの生徒さんをガイドして、5月にウィーンに行くことになりました。この旅行、今回で2回目の開催になります。

ドイツやオーストリアは5月は一番良い季節と言われています。長くて薄暗い冬が明けてやっとあたたかさを実感できる季節です。
日本では桜が咲く前から暖かくなりますが、やっぱりヨーロッパは少し遅いですね。

そんな特別な月である、5月の喜びを歌った曲はクラシックには多くあり、ベートーヴェンやシューマンが、ゲーテらの詩に音楽をつけています。 もちろん詩はドイツ語ですが、曲からでもとても明るい輝きを感じられます。

ちなみに、今は2月。まだまだウィーンは寒く、何より天気が悪いので気分も沈みがちです。毎日どんよりして、すぐ夜になります。気分だけでも明るくするために、日焼けスタジオに通う人もいるとか・・・

日本はもう春が見えてきました(^.^)あたたかくなってくるのは本当に嬉しいです!

tadashi

コンクール

2013年2月22日

昨年夏のピティナでのコンクールのレッスンに関わって以来、半年ぶりの先日1月14日に、4.5年生の部で私の生徒をひとり、コンクールに出しました。このコンクールの指導は私は初めてでした。

ヴィエナは12月上旬に年に一度の大きな発表会をしました。小4の女の子、Yちゃんは、発表会ではモーツァルトのロンドニ長調を暗譜で綺麗に弾きました。

コンクールの参加を秋に決めたとき、私は「発表会の曲と並行して練習すればいいよね」と、彼女に気軽に話しました。発表会の練習の真っ最中の時期でしたので、本当は誰にも声がけするつもりはなかったのです。私自身、発表会のことで手一杯でしたし。ただ、Yちゃんはちょうど、前橋市合唱コンクールの伴奏に選ばれたりして、ピアノに気持ちが乗っていたので、つい押してしまったのです。もうひと頑張り!みたいな乗りで。

ところが、発表会の曲、ロンドニ長調は奥が深く、曲も長く、35分のレッスンでは、足りないくらい。コンクールの2曲は、まったく触る間がありませんでした…。。

12月に発表会が終わってから、1か月でコンクール…
正直「まいったな。乗りで大丈夫なんて言ってしまって。」と反省。それからは、彼女と駆け足でした。 

 

でも、それからのレッスンが本当に楽しかったのです。(もしかして楽しんだのは私だけ?)1回ごとに上達していく彼女。グラフでいうと急上昇。でも、合格するまでにはならない。長年の経験から、受かりそうな演奏かどうかは、とてもよくわかります。本当に時間との追いかけっこで、お正月3が日があけてすぐにもレッスンしたりしました。

私は、仕上げの指導を誰かにお願いしようとすると、とたんに頼る気持ちが出てしまいます。そうすると、自分の絞り出し(?)が出来なくなってしまうのです。彼女がうまくいかないところがあるとき、「どうしよう、どうしよう」と寝ているときも考えてつづけていると、指導方法のアイディアが浮かぶのです。そのアイディアがぴったりはまったときは快感です。

最後のレッスンの1回前に、もしかしたら何とかなるかもと思い、コンクール前日のレッスンで「やった!」と確信しました。

当日、合格しました。演奏が終了して、ホールから出て、私と話しながら階段を降りていたら、Yちゃんが突然目の前から消えた。数段を一気にジャンプ!お母さんに怒られていた。「ここは、うちじゃないのよ」と。ほんとうにとても元気なYちゃんです。

※前日の13日と、14日とで、ただし先生、ともみ先生の生徒もこのコンクールに参加し、ヴィエナから参加した合計5人全員が入賞し本選出場となりました。いずれの部も3.4人に1人合格という難関でした。

kumiko

フルートレッスン初取材

2013年2月10日

先週ホームページが新しくなりました(*´エ`*)

実は裏話があり、先々週正先生が風邪(インフルエンザ?)で1週間ほどレッスンをお休みしていました。
大人しく寝ていたらいいのに高熱に侵されながらホームページを作り始め1週間で作り上げました(ノ・ω・)ノ
ということで、風邪のお陰(笑)で新しいホームページになりました(*´エ`*)

話は変わりまして、先週上毛新聞の記者の方が取材にいらっしゃいました。
フルート教室の取材ということで、レッスン中の写真をたくさん撮られていました。
私も生徒のNちゃんも初めてのことで不自然な顔をしていたかも(笑)!?

どんな記事になるのかはわかりませんが、とても楽しみ(*´エ`*)
私が記事に載っているかはわかりませんが、教室の紹介は載っているはずなので来週の新聞をチェックしてみてくださいね♪

tomomi

新しいホームページ

2013年2月3日

講師の募集と同時進行で、このヴィエナのサイトをリニューアルをしました。
以前のものを作った4年前はかわいい感じのデザインでとても気に入っていました。でも、時間がたつと色々環境も変わってきます。
教室の規模も変わったし、イメージも少し変わっただろうし、パソコンの画面の大きさも、自分のセンスも。なので今度はスタイリッシュな感じでデザインを作ってみました。

tadashi

講師の募集

2013年1月24日

2.3日前、高崎教室の講師募集を出しました。 でも、ホームページにちょこっと出しただけなので、あまり浸透しません… どなたか仲間に加わっていただけないかなと、連絡を心待ちにしています。 講師になる方へ  ヴィエナの良い点

1.設備が充実。新築のホールを自分専用で使用。天井の高い、広い部屋での仕事は疲れが少なく、耳にも快適です。秋、冬、春と館内はとても暖か!贅沢な空間。 2.年数回の行事が良くて、生徒や保護者がニコニコ。それを共有できます。発表会なども、規模も大きく、充実感があります。 3.他で聞くような、半強制的に「物を買って」とか「○○を売りなさい」などはゼロ。営業的なことは、一切ありません。 4.高崎駅から徒歩15分で便利。途中の道も暗くないです。電車での移動も可能。 5.基本的に、長く来ていただきたいと思っています。何年も、何十年?も。

一緒にヴィエナを育てましょう! 詳しくは、トップページのリンクに載せてあります。ご覧ください。 kumiko

コンクール

2013年1月17日

今年初めてのブログになります(*´エ`*)
ことしもよろしくお願いします!!

日曜日に喚乎堂のピアノコンクールがありました。 ヴィエナからは5人予選に出場。うち3人は私の生徒でした。

3人ともまだ幼稚園に通っている小さな生徒ですが、自分で「コンクールに出たい!」というくらいピアノが大好き。
だけど、コンクールは好きだけでは簡単に受かるものではありません。
同じ曲を何度も弾いて、お家でいっぱい泣きながら練習して、お母さんや先生に怒られて(笑)
生徒も大変ですが、またお母さんも大変!!
小さい子の場合は特に週1回のレッスンより、お家の練習方法をきっちりする方が大事です。
みなさんレッスン中に子供たち以上に熱心に私の言うことを聴いてメモったりされていました。

当日はみんなノーミスで立派に演奏していて、無事全員予選突破+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
おめでとうYちゃん、Yちゃん、Kちゃん、Aちゃん、Yちゃん!!

と同時にまた本選に向けて戦いが始まります(笑)

私も気合いを入れてまたレッスンに励みたいと思います(*´エ`*)

tomomi

新年

2013年1月8日

毎年お正月はともみ先生の実家のある大阪で過ごしています。今年も年末に車を運転して行きました。そしてお正月に付きものなのがお酒。最近は良く行くお店で日本酒の飲み比べをしたりと、お酒が好きで良く飲んでいます。

大阪は酒飲みばかり(笑)なので毎年、苦労していました。飲む量がすごい!付き合ってどんどん飲めば今年も大変なことになると思い、年末からひかえめひかえめを心がけました。

昨年は結構飲んで強くなったせいもあるのか、ペースを考えたお陰で無事お正月を乗り切りました(^-^)

今年は、教室としても自分としても沢山の予定が入ってきそうです。新しいことの多い新鮮な年になりそう・・・新しいこと好きの自分としてはとても楽しみです!

そしてもちろん生徒たちの上達も心から楽しみにしています。昨年は様々なコンクールでもみんな沢山の賞をいただきました。今年もいろんな目標をもって楽しく頑張ってほしいと思っています。
今年もどうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m

tadashi

・・・