ヴィエナピアノ・フルート教室は群馬県前橋市、高崎市にある、音楽教室です。

  • 教室紹介
  • こどもの教室
  • おとなの教室
  • ヴィエナブログ
  • お問い合わせ

物を大切に

2012年6月30日

いつも自転車に乗って教室に行く時に必要なのが手袋。
冬は寒いのでもちろん、暑くなってきた最近でもつけています。

やっぱり手を守るためと、これはあまり気が付きませんが、手袋が振動を吸収してくれるんです。
ママチャリとちがってタイヤがとても固い(空気をいっぱいいれる)ので地面の小さな凸凹も手から伝わってきます。

その愛用の手袋の片方を1週間ほど前に無くしてしまいました。2か月前にも山に行って他の手袋を無くしました。 落としたのだと思うけど、どうしても見つからない(;一_一)
手袋だけは昔からよく無くします。片方だけになったらもう使わないから捨てるしかありません。

今回は運よく同じものが売っていたのでまた買えました。
今度こそ無くさないように、物を大切にしたいと思います。

tadashi

ヴィエナのホール

2012年6月24日

6/3は、高崎コアホールで、おとなの発表会でした。
それに続き、6/10と6/17は、ヴィエナのホールで子どもたち。

ヴィエナのホールは、大きなホールみたいに階段状に設計されています。

これは私の強い希望でした。わたしは背が高くないので、平らなホールですと、前から3番目くらいの椅子に座ると、もう出演者が見えません。
よく「生の演奏を聴くと、CDなどとは、またひと味違ってすごくいい」などといわれますが、「生の演奏を聴く」という中には、「生の演奏を見る」もかなり含まれているはず。

私はいままでに何度も、平らなホールで、後ろのほうに座ってしまい、演奏者が最後までほとんど見えず、残念な思いをしたことがあります。
ヴィエナのホールは60人程度の小ぶりのホールではありますが、作るなら、最高のものを、と考えました。
せっかく楽しみにいらしてくださった方に、「何も見えなかった」という残念な思いはしてもらいたくない、と思いました。

特に子どもたちは後ろの方に座ったら何も見えないでしょう。
発表会当日、一番人気は、やはり最前列かもしれませんが、それと同等くらいに人気なのが最後列。本当によく見えるんですよ!
ヴィエナのホールはすべて特等席です。

建築の際には、広瀬住宅の新井さんに本当にお世話になりました。
こんなホールを作るのは初めてとのことでしたが、とことん要望を聞いてくださり、特に「木のベンチなのに、座り心地が良い」にこだわりました。「背もたれの高さが、長時間座っても痛く無いのは何センチか」等々、新井さん、主人、私の3人で「もう1センチ上かな?」などのこだわり。そこに腕の良い大工さんが本当に良くそれを実現してくださり、「日本でただ一つ」みたいな不思議なホールが出来上がりました。

このホールで6/10,6/17の2日間、5回に分けて、各20人ずつ、子どもたちのとても上手な素敵な音楽が聴けて、最高に幸せな時間を過ごすことができました。

kumiko

発表会の6月 part2

2012年6月12日

今月は教室のイベントが目白押し!!

先週の日曜日は大人の発表会が高崎のコアホールで行われました。
フルートを吹いたりピアノを弾いたり指揮をしたり・・・何気に一番舞台に立っていたのは私だったりして(笑)
楽しい発表会でした(*´エ`*)

そして、この前の日曜日は子供のミニ発表会。
ミニ発表会という名前なのに、なんと午前、午後、夕方の3部構成(ノ・ω・)ノ
「全然ミニちゃうやん!!」と突っ込みたくなるくらい丸一日の行事です。
それに加え、午後からフルートの生徒のコンクールの本選が入り途中で少し抜けて(Hちゃん金賞おめでとう!!)、夕方の部までに戻ってきてでバタバタしていました(ノ・ω・)ノ

ヴィエナミニ発表会

午前と午後はいつもの様にアットホームな感じで進めていたのですが、夕方の部はほぼみんなコンクールに出る生徒を集めた部にしたからか緊張感漂う発表会でした。
みんなとても上手に演奏していましたが、コンクールを受ける子たちは更に努力をしているなぁ~と感心しました(*'ω'*)゚+.゚。
みんなの演奏を聴いて私もちゃんと練習しようと改めて思い、レッスンお休みの今日は一日中練習していました(*´エ`*)

来週の日曜日にはまた子供のミニ発表会の続き。後2部あります。
なんと前日に夕方からウィーン留学時代の友達が東京で結婚式をするのでただし先生と新幹線に乗って行ってきます!!
久しぶりの東京なのにギリギリまでレッスンをして結婚式が終わったら急いでとんぼ返りですが、楽しんできます♪

tomomi

発表会の6月

2012年6月6日

今月は教室の発表会が3回もあります。3日におとなの発表会が終わり、10と17日に子どもたちの発表会があります。

先日は、舞台の上の演奏でその方の人柄がとてもよくわかりました。緊張した状態での音楽はやはり自分自身のキャラクターが表に出てきますね。
いろいろ反省や失敗、もしくは成功もあると思いますが、良い経験と思ってまた楽しくピアノやフルートを続けていって欲しいと思っています。

ヴィエナピアノ教室おとな

来週、再来週は子どもたちなので、おとなの発表会とは雰囲気が全然違います。しかも今回は教室のホールでの開催なのでよりアットホームな雰囲気です。とは言っても、夏のコンクールのリハーサルも兼ねているので緊張感をもって臨んでほしいと思っています。

イベント続きで少し忙しい月ですが、みんなの演奏を聴くのは本当に楽しみです!

tadashi

ばらの庭

2012年5月29日

日曜日、西善町の須田実由記さんのお庭を拝見してきました。

バラが今、一番の見頃!

須田さんは、NHKの趣味の園芸のバラのお庭の「ガーデン部門」で受賞なさいました。
「ぐんま花のまちづくりコンクール」でも優秀賞を受賞されています。

一年を通じてお花がある庭なのですが、今の時期はそれは見事。 150種類が植えてあって、須田さんはすべての名前を即座に言えます。

敷島公園のバラ園の感じとは異なり、下草にカモミールが一面に白い かわいい花を咲かせていたりと、自然の感じを素敵に演出しています。

取ってきた写真を掲載しますので、雰囲気を味わってください。

kumiko

レッスンについて

2012年5月23日

私のレッスンのモットーは笑顔で楽しく!!
さぞかし楽しいレッスンをしているんだろうと思われますが、1週間に2、3人は必ず泣きます(笑)

決してみんな私が泣かしているわけではありませんよ!
ほとんどは思うように弾けない悔し涙(だと私は思っています)
しかし、言うことを聞かなかったり言ったことをやらない生徒にはきっちり怒ります。

基本的にはレッスンは楽しくしたいので、少々のふざけやお喋りはむしろいいと思っています。
私自身とても怖い先生に習っていたので、ふざけるどころか毎回緊張して「音楽をする」という感覚がなくなってしまっていました(。-∀-)
みんなにはそんな感覚になってもらいたくないので、ピアノやフルートを上手になることだけでなく音楽を好きになることも大切にレッスンをしています。

当教室は原則として親子さんに観てもらっているので、ほとんどの生徒さんはとってもよく練習してくれて本当に楽しくレッスンをしています♪
きっちり私の言ったことやそれ以上のことをしてきた生徒にはいっぱい褒めます(*´エ`*)

しかし、おふざけがすぎたり言ったことを守らないと怖い(ですよ!)
何人か怖い私を体験しているので、たまにふざけ過ぎると「先生が怒ると怖いの知ってるよね?」と言うと一瞬でおふざけが終わります(笑)
テンポ通りに練習するように言っても全然メトロノームをつけずに練習してくると「ちゃんと言うこと聞かないと辞めてもらうよ?」と言うと次回からはきっちり練習してきます(笑)

私が生徒だったら先生の持っている技量を全て学びたいと思いますが、最近それは人それぞれなんだなと思います。
みんながみんな音大に行きたいわけではないし、みんなそれぞれ家庭の事情があるもの。
生徒一人一人の性格や生活に合わせて一人一人に合わせたレッスンをするのが先生の役目なんだと実感しています。

まだまだ満足いくレッスンが出来ていないことも多々あると思いますが、これからもみんなが楽しく音楽が出来るお手伝いを出来たらなと思っています。

ところで、音楽を表現することの勉強のために、小さなピアノの生徒さんにはバーナムという教材を使っています。
バーナムには一つ一つ丸と線の人形の絵が書いてあり、宿題のところには私が顔を書いていきます。

たまに曲によって表情を変えて表現しながら弾いたりしているのですが、とても絵の上手なY君は毎回楽しい絵を描いてきてくれます。

その曲に合わせた楽しい絵になっていて私も楽しくなります♪

こんな発想をみんな頭に描きながら演奏してもらえるといいな(*´エ`*)

久しぶりにちゃんとした音楽ブログを書いてみました(笑)

tomomi

2012年5月16日

日曜日にヴィエナ子どものためのコンサート2012としてチェロコンサートを開催しました。

子ども向けとしてあるので、難しい曲はあまり弾きませんでしたが、最後のシューマンのファンタジーピースという曲を演奏しました。

シューマンという作曲家はクラシックを弾いているとよくお目にかかります。ピアノ曲は弾きにくいと言われることもあります。色々な楽器をイメージしながら作られているのでそうに言われるのかもしれません。

音楽は波に例えたりもできますが、シューマンの曲はその波がどんどん押し寄せてきて、うまく乗ればサーフィンのように気持ちよく弾けるので楽しいです。特に楽器と合わせて演奏する場合はその波をお互いに作っていくのでより大きなものになっていく感じがあります。特に今回はチェロだったので迫力がありました。

そしてちょっと複雑な曲になると、その波が幾重にもなっていていろんな音、ニュアンスをイメージしながら音楽になります。そうなってくると弾き甲斐もあって楽しいですね。

tadashi

温泉

2012年5月8日

毎週更新しているブログが一回抜けてしまいました。ゴールデンウィークで、3人とも普段とちょっと違う生活をしていたので…。 その分、少し長めに書きます。

私は主人と久しぶりに小旅行に出ました。
私(久美子) 「一泊で出かけてくるね。」
正 「どこいくの?」
私 「四万温泉に泊まるの。」
正 「この間は水上だったし、どうしてそんなに近いところばかりいくの?」
私 「遠いところは面倒だもの…」

と、ここまでしゃべって、我ながら年取ったなあと思ってしまいました(笑)。正が小学生のころは、正と正の弟を連れて、主人の運転で北海道から沖縄(沖縄はさすがにマイカーではなかったけど)まで本当にさまざまなところに旅行していました。

ところが今は草津すら遠い、面倒、といった感じ。正は草津大好きです。「どうせなら草津に行けばいいのに…。」とすぐ言います。

出来れば、すごく近いところで、良い温泉で自分にとっての「常宿」みたいなところを見つけたいと思っています。主人は絶対に会社を休みません。だから、最高に早く出発しても平日の夜なら6時発です。一時間で到着するところなら何とか夕食に間に合うでしょう。

一時間だと、高速を使って伊香保か水上です。ほかにも赤城、磯部等々ありますけどね。どなたか良い情報ありましたら教えてください。

そんなわけで、今回は四万温泉。一時間半かかるけど、草津よりは近いです。良かったですが、ゆっくり湯治、というイメージの温泉です。中心街に位置するところに泊まったのですが、遊ぶところはほとんどありません。夕食後、散歩しましたが、ほんとうに人がいない。賑やかな場所というのがありません。熊が出没するので、ということで旅館から熊よけ鈴を借りて暗い道をあるいて、ドキドキしました。

この写真は積善館という旅館とその前の橋です。「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルとなった旅館と橋です。

宿泊の翌日は野反湖へいきました。その前日から冬期通行止めが解除されたということで、周りにはまだ雪がありました。湖も凍っていました。本当に綺麗な風景でした!

そのあと「チャツボミゴケ公園」というところにまわりました。「緑の神秘」とパンフレットにありましたが、これは一見の価値あり。中之条町が管理しています。そのパンフに「草津温泉の北に隣接する旧群馬鉄山の跡地には、湧き出る鉱泉の流れの中に幻想的で美しい、町天然記念物のチャツボミゴケが群生しています。チャツボミゴケは『まりごけ』とも呼ばれ、酸性の強い湯が湧く地にしか生息しない珍しいコケです。」と書かれています。浅い川の中に群生し、川の端を散策している数分間、ずっと続いて見られます。

ここに立ち寄ったため、四万温泉からどんどん草津寄りに移動してきていて、あと30分も走らないで草津、というところまで来てしまいました。「草津は遠い」と言っていたのに、結局草津に立ち寄り、温泉に入り、夕食して、前橋に戻りました。

驚いたのは、新しい道が開通していて、くねくねカーブも通らず、高速も使ったけど自宅まで2時間かからず着いてしまったことです。「えぇ!いつの間にこんなに近くになっていたの!」

正と同じで、本当は私も草津が好き。平日の夜から出発はちょっときついけど、このくらいの時間で着くのなら、休日なら草津まで足をのばすのもいいな、と思いました。町も活気があります。夏は草津音楽アカデミーも楽しめます。日本のトップクラスの温泉地です。

ところで、どうしてこの文章、草津の宣伝で終えるのでしょうか…

kumiko

ハイキング

2012年4月25日

昨日はとってもいい天気(*´エ`*)

久しぶりに山へ行ってきました。
今年初登山なのでお手軽に登れる山を探していたら、妙義にまだ登っていなかったので妙義山へ行ってきました。

中乃嶽神社から1時間程で天狗のひょうていへ到着。
去年八ヶ岳の赤岳を県界尾根から登ったので、鎖もなんのそのでした。
(調子の乗って一度滑り落ちそうになりましたが(。-∀-))

とってもいい景色でした。

ただし先生は大砲岩の上で休憩していました(笑)
お昼御飯を食べて帰りは良く聞く「かにの横バイ」をしようと思ったのに、道を間違えて30分もしないで下まで降りてしまいました(。-∀-)

早く下りてきたので、ちょうど今日(25日)満開の桜が観られるということで「さくらの里」へ行きました。

一面ピンク色でとってもキレイ!!
平日だったのに、観光客の方が多くて駐車場もいっぱいでした。

たくさん汗をかいて運動をして、綺麗な景色を観ていい一日でした(*´エ`*)

tomomi

栽培

2012年4月19日

家で食べるご飯は和食とイタリアンが半々です。ウィーンにいるときからずっとです。その他にはたまに中華やタイ料理。

和食以外にはハーブをよく使って特にイタリアンのときはパセリは必ず使います。いつもは買っていますが、この前お店に行ったらイタリアンパセリの種を見つけました。種から作ろうかなと思っていたら苗を発見。さっそく土とプランターを買ってきて植えました。これからの季節良く育つはず。まだ小さいけどどんなになるのか楽しみです。

一緒に植えたのはバジルと、コリアンダー。3つ仲良く植わっています。パセリはこれじゃ足りないからもう少し増やそうと思っています。

下の写真はタイカレーです。植えたコリアンダーをちょっと使ってしまいました。まだ苗なのに・・・。

tadashi

指を動かすこと

2012年4月11日

昨日、けやきウォークの中の紀伊國屋書店に立ち寄り、実用書のコーナーで「指を動かすとボケない」というようなタイトルの本を見つけました。よく言われていることですよね。本の内容は年配の方の手遊びの紹介。

たとえば右手の親指を立てたとき、左手は人差し指を立てるというようなゲームがいろいろ載っています。面白そうだったけど買わなかった。日々ピアノでやっているようなことですからね。

このゲームも楽しみながら出来れば、とても効果的なのでしょうが、なかなかピアノにはかなわないのでは、と思いました。ピアノは音も出るし、気持ちいいし、難しいし… で知らない間に30分や1時間が過ぎます。手遊びなどをそこまで真剣に長時間するのは 大変だと思います。

趣味の多くは手を使って行いますが、その中で指一本一本にまで正確な役割を与える ものは、そう多くはありません。ピアノは、中指で弾くか薬指で弾くかなどが、けっこう重要な問題になったりすることもあります。

子どもの場合も、しばらく前の話ですが、テレビで「塾に行くよりピアノを習う方が脳を鍛えるには効果的。」というのが放映されたことがあります。本当かどうかは知りませんが、脳に良いといわれるのは嬉しいことです。

余談ですが…

神社の桜を見てきました。前回のブログで友美せんせいが書いていた結婚式の場所。 ほぼ満開でした!携帯の写真で、あまり良くないかもしれないけど、雰囲気だけでもお届けします。

 

kumiko

2年

2012年4月4日

ちょうど2年前の今日、神社で結婚式をしました。

あれから2年、長いようなあっという間だったような・・・

当時はまだ群馬に来て1週間経っていなかったので、右も左もわからない状態でした。
教室の場所も定かでなく、結婚式をする神社の場所も全くわからない(笑)

まだ生徒もいないし車の免許も持っていないし、この先どうなるのかと不安と期待でいっぱいでした。

それから色んなことがあり今日で2年。

今は、一人で車を乗りこなし群馬の色んな場所に行けるようになりました。
教室も生徒さんがたくさん増えて、毎日楽しくレッスンをしています。
お友達や仲間が増えてプライベートも充実するようになりました。

何より、本当に毎日幸せに暮らしています(*´エ`*)

これから先何があるかわかりませんが、毎日笑顔で楽しく生活していきたいと思います。

結婚式

4月4日(おかまの日)は私にとって忘れられない日になっています。

tomomi

あたたかさ

2012年3月28日

だんだんあたたかくなってきました・・・嬉しいです(^^)
あたたかくて明るい時期はいつもなんだかワクワクしてじっとしていません。

それなのに、冬は運動するといえば自転車に乗るくらい。高崎の教室まで行くといい運動になる距離なので週に1、2回は自転車で行っていますが、やっぱり寒い!家を出たときの群馬の風に負けずにこぎ出すか、負けたときは車となります。

そんなだったのがこれからは、春の匂いのする中を行くのかと思うと楽しみです。そして、もうすぐ山の雪も解けるのでそろそろ山登りの季節。春の綺麗な森にも早く行きたいです。

ところで最近練習しているショパンのエチュード。まずはOp.10の12曲。やはり弾きがいがあります・・・。

tadashi

自宅での練習の習慣化(子どもの場合)

2012年3月22日

うちの教室の生徒は良く練習します。
まだ小さい子は「毎日15分」のお約束で入会します。
少し大きくなると、だんだん延びて、ブルクミュラーや同程度のギロックあたりでは、30分と伝えています。

ステップアップコースの場合は、全体にもっと長い時間を求めていますが。

どうしてみんな練習するのでしょうか?教師が厳しい?いえ、そんなことはありません。毎日、練習シールを貼ってくるとかの工夫?それもしていません。お互い競争させる?
いえ、まったくしていません。発表会なども生年月日順です。

ひとことでいって、教室の環境によるものだと思います。
個人レッスンですが、「自分の前の子も後の子も練習しているらしい。きっとピアノはみんな毎日するものなんだ。」と子どもたち。
半年に一度発表会があります。これは他教室より多いようです。親御さんも「発表会が近いから練習しようね。」などと声がけしやすいとおっしゃいます。保護者の見学が原則となっています。これも、家庭での環境作りにつながります。

私の長男(正のことですが)が小学1年生の時、学校から帰ってきて「ねえ、ピアノって毎日練習するものだよね?しない子がいるんだって…」って不思議そうに私に問いかけたことがあります。「毎日、歯磨きはするんだよね。しない子がいるんだって…」というイメージの会話でした。

ヴィエナの教室も練習は当然、という流れにかなり近づいてきています。ただ、「親が黙っていても、子どもが自主的に練習するようになる。」などという理想郷の話をしているわけではありません。それはたいてい無理。「親や教師が『毎日練習ね』って言ったら、毎日練習する」というので今は満点です。小さな子は目指すのはそこで十分です。

あとは、高校になって、愛の夢や幻想即興曲が素敵に格好良く弾けたら、そのあとは、ピアノを練習するなと言っても一生の趣味になってしまうでしょう。

追記 テレビの対談の番組のなかで、芥川賞作家で、臨済宗の僧侶、 玄侑 宗久(げんゆう そうきゅう )さんが、「芸術の身につけ方は宗教に似ている。繰り返し繰り返し練習し、それを自然な状態にまでにし、身につけていくという過程は、宗教を身につけていく方法と同じだ」とおっしゃっていました。玄侑さんのお寺でのコンサートの様子を画像で紹介しながらのお話でした。座禅なども深く理解し、勧めている方です。 ピアノの日々の練習が心の平穏や修練にも役立つなんて嬉しいことです。

kumiko

ドライブ

2012年3月13日

前回のブログで花粉症疑惑がありましたが、やっぱり2週間ですっかり治ってしまいました(ノ・ω・)ノ よくわかりませんが、元気になってよかったです(笑)

今日はレッスンがお休みで久しぶりにお昼御飯を食べに行ったのですが、何ともいい天気(*´エ`*) ドライブがてらに箕郷梅林を観に行きました。

スマホで調べたところ開花時期が2月下旬から3月下旬となっていたので結構咲いているのかなと期待して行ったのですが、まだほとんど咲いていませんでした。
今年は寒いから例年より遅いのかな?

いつも急に思い立って出かけるのでカメラを持っていなかったので携帯で写真を撮ったのですが、満開の木がちらほらありました。 (寒かったので車の中から写真を撮ったので梅か桃か判断できませんでした(。-∀-))

久しぶりに山の方へ行き、ただし先生は又早く山登りをしたそうでした(*´艸`*)
空気が澄んでいて、良いプチドライブでした(*´エ`*)

tomomi

アニメの曲は今

2012年3月6日

普段はテレビが無い上、アニメを見ることもないので、こんな機会に新しいアニメを知ることになります。
2月のアニメコンサートの曲選びについてです。

まずは情報収集。「どんなアニメ見るの?」と子どもたちに聞くと返ってくる答えは意外に自分も知っているものばかり。たまに知らないのがあると、そのアニメはみんなが見ているわけではなかったりします。つまりみんなが知ってるものは、昔とあまり変わってない・・・。

昔とは変わっているはずという先入観を持って聞いているのでほんとに?と思うのですが、実際そうみたいです。ジブリ、ディズニーはやっぱり定番でドラえもん、アンパンマンもみんな知ってます。プリキュアなんかは比較的新しいのかな。

ところでアニメの曲はやってみるととても楽しい曲ばかりです。アップテンポで明くて。元気いっぱいの子ども!って感じが伝わってきました。

tadashi

組み木のおひなさま

2012年2月28日

2月になると毎年、組み木のおひなさまを前橋ヴィエナの玄関に飾ります。

おひなさま

私の子どもたちが小学生のころ、糸鋸(いとのこ…電動で竹串のような細いノコギリが上下し、それで木を好きなかたちにカットしていく機械)で、動物のかたちなどを作る工作を教えてくれる会場に出かけたことがあります。夏休みの宿題対策だったかもしれません。

それに家族(私以外)がはまってしまい、うちに小さな糸鋸を買いました。一番はまったのが私の夫で、とうとう上記の写真のおひなさままで作ってしまいました。

小黒さんという有名なデザイナーの方の型紙です(本も出版されています。「組み木 小黒三郎」などと検索すると公式サイトでいろいろなデザインが楽しめます)。5段飾りが、それぞれ1段ずつ直径20センチ程度の円に収まるのです。そのため、しまうときはピタッと丸い5段の重箱みたいなものの中に納められます。

お人形店で買うと同じデザインのものが10万円以上するのを後日知って驚きました。うちのは、ホームセンターの木の切れ端コーナーで買い集めた木で出来ています。

出来上がった物に、色を塗ってニスを塗って一年しまって置き、次の年に出そうとしたら各段のおひな様が張りついてとれなくなってしまいました。

無理矢理はがしたら、ところどころ色がはげました…
それがかえっていい感じとなり、「古くて味わいがありますね」などといわれたりしています(笑)

kumiko

趣味~パッチワーク

2012年2月21日

前橋教室の玄関の棚の上に私が作ったパッチワークが飾ってあります。
毎月1回程度、模様替えします。

今年の1月1日からいうと、

1月前半…羽子板のミニタペストリー(小さな掛け軸のような物)、扇型の敷物、しめ飾り、俵の上の3匹のネズミ

1月後半…節分の鬼と豆まきの福豆のタペストリー、梅の花の敷物と小さな犬の置物、タンポポのタペストリー

こんな感じです。節分が過ぎた今では、おひな様のタペストリーなどに変えました。

私のパッチワークの先生はE先生。すごいセンスの持ち主です。大きな展覧会でも最高の賞をいただいたりしている。グループレッスンで多くのグループを指導しています。

でも私の以前からの友人。私の2男と、先生のご長女が小学校の同級生という関係で知り合った。先生は個人レッスンはしていないのですが、私は一対一で教わっています。というより2人のおしゃべりタイムでもあります。

先日、私が風邪の後遺症か、からだはなんともないのに声がかすれてしまっていたので、お稽古を別の日にすることにしました。それをあとで聞いた先生のご主人が「パッチワークだろう?そんな日は余計に黙々とはかどるんじゃないか?声は関係ないだろう?」と笑っていらしたとか。

私がある程度縫い進め、あとは同じ作業の繰り返しとなったりする部分では、先生が「貸して。私が続きするから、新しいところ始めていいよ。」など。その縫い目の綺麗で速いこと! 私はラッキー!よろしく!と素直にバトンタッチしてしまいます…

こんな感じで仕上げたものですから、教室に飾ってあるのをピアノの生徒さんたちが、「先生上手ですね」などと褒めてくれると、「いえいえいえ…」と小さくなってしまいます。

でも、継続は力なりで、始めて8年、月に2回お邪魔していますが、一度も休んでいないので、200回近く通ったことになるようで、作品も増えてきました。先生に言われるままに縫っている、万年初心者の私ですが、楽しくやっています。

kumiko

ka-fun

2012年2月15日

1月末に、目がかゆくて何でだろうと思っていたら、最近鼻水が・・・
風邪引いたのかなぁと思っていたら、レッスンのたびに「先生、花粉症ですか?」と聞かれました・・・

実は去年のこの時期も同じ症状が出ました。でも、2週間ほどで治ったので風邪だったと信じていた私。

いや、まだ自分が花粉症になったと認めていません。
結婚して、都会から田舎に嫁いだら花粉症になりやすいと何かでみたことがあるのですが本当のところはどうなのでしょうか。

レッスン中に「私、花粉症ではないです」と言い続けていたのですが、先週遂に「そろそろ認めたらどうですか?」と言われてしまいました゚・(PД`q)・゚。

まだ、認めません(笑)

tomomi

読書

2012年2月8日

たまには趣向を変えて、最近読んだ本について書いてみます。

一つ目は「フェルマーの最終定理」
数学の問題をめぐる物語です。数学は昔から得意ではない自分にもよく理解できるくらい数字は出てきません(笑)
証明を通して「完全に正しいもの」を求める数学者の姿勢には、求道者のようなものを感じます。

二つ目は「宇宙は本当にひとつなのか」
宇宙に関する最新情報のようです。 人から見たらどこまでも続いていく大きく見える宇宙のことを調べるのに、小さな小さな素粒子のことを調べるというのは逆説的ですね。
また、人の認識できる3次元の世界が一つの膜としてあるという考えも面白く、自分たちの住んでいるのと並行して見えないけれどいくつも他の世界があるのかもと思いました。ドラえもんワールド。
無限の扱いには数学が必要、ということなど、一つ目の本とのつながりもとても沢山ありました。

そして最後は「バイブレーショナル・メディスン」
まだ読み終わっていませんが、題名通りの波動医学の本です。 前にお世話になった鍼の先生の関係で読んでいます。また、去年インフルエンザの薬が全く効かなかったことも読む理由です(笑)
全く分野は違うように見えますが、上の宇宙の本と共通するものが沢山あります。
物理的な体を機械の様にとらえる(ここではニュートン医学と呼んでいます)だけではうまくいかないことも多く、つまり実際に体はもっと他の要素を持っているということのようです。

sm-all

3つともなんとなく選んだ本ですが、共通することが本当に多くびっくりしました。 もう少しするといろんなことが統一されて世の中に違う世界観がでてくるのでしょうかね。

tadashi

生徒の募集状況について

2012年1月31日

1.いきなり伊藤正のクラス(ステップアップコース)に入会できますか?

答え…小学生以上でステップアップコース希望の場合はまずお電話いただいて相談という形になります。幼児は基本的には出来ません。

2.スタンダードコース(杉山友美、伊藤久美子)の高崎教室は満席ということですが、どうしても入りたいばあいはどのような方法がありますか?

答え…前橋教室に若干の空きがありますので、前橋教室に通える方の体験(無料) は出来ます。高崎教室のみの希望の方は、体験していただいても受け入れられないので 残念ですがどうにもなりません。「とりあえず前橋教室に入会して、高崎に空きが出来たら高崎に移る」という流れのみ、残っています。

3.決まったら前橋教室に通いますが、体験のみ高崎で受けられますか?

答え…申し訳ありませんが、体験から前橋にお越しください。今後通うかもしれない教室の下見にもなる良いチャンスと前向きにお考えください。

4.前橋教室は遠いですか?

答え…高崎教室と前橋教室のあいだは車で平均25分です。渋滞はめったにありません。 前橋教室は高崎インターから前橋方面へ車で10分程度です。 地図は、「ピアノ館ヴィエナ」のページの終わりの方に掲載してあります。

5.3か月先に入りたいので、場所をとっておいてもらえますか?

答え…「今月または来月から」のみ承っています。今月の途中の場合は、月謝は割り引いて対応しております。

kumiko

生徒の募集状況について

2012年1月24日

①高崎教室のお子さんの時間帯(伊藤久美子・杉山友美のクラス)はいっぱいになりました

これからが入会の多い季節なのですが、その前に先日とうとう高崎教室は受け入れストップとなりました。口コミ等々、多くのみなさんにご支持いただいての結果なので、とても嬉しいのですが、満席はちょっと困ったなという感じです。 キャンセル待ちも承っておりません。やめる生徒がほとんどいないので。

前橋教室は2部屋でレッスンしているので、あとわずか可能です。高崎在住の生徒で前橋に通うという選択で入られた方もいらっしゃいます。ただ前橋も時間帯を選ぶのはなかなか難しい状況になっています。ご希望の方はお早めにご連絡ください。

②おとなの方の状況について

1.おとなのピアノまたはフルート個人レッスン
お子さんの時間帯(放課後から夜の早めの時間帯)を避けていただければ、まだお受け出来ます。ご希望の方はご相談ください。

2.おとなのピアノグループレッスン
良い感じで進んでいます。第1.3週(月2回)で4教室行っているのですが、水曜午前と金曜午前は満席。月曜午前と金曜午後に空きがあります。 1人15分の個人レッスン、そのほか1人30分、外国製のとても音の良いピアノが個室で自由に触れます。個人レッスン的なグループレッスンですので、同じ曲を弾くわけではありません。ですから、本当に初歩からの方とショパンのワルツを弾く方が同じグループでも大丈夫というシステムです。

3.キーボード講座
いろいろな楽器の音色で行うのでオーケストラのようなアンサンブルの醍醐味を味わえます。伊藤正のアレンジの曲を4~8人程度で楽しんでいます。初級(バイエル中頃が弾ける人)、中級(ブルグミュラーくらいが弾ける人)、上級(ソナチネ程度が弾ける人)のグループがあります。初級は片手演奏が主です。中級も片手でも大丈夫。

どれも詳しくは、ホームページの中の関連ページに書いてありますのでご覧ください。

kumiko

あけましておめでとうございます

2012年1月18日

2012年になってもう半月が終わってしまいました(ノ・ω・)ノ早いなぁ・・・。

年末には子供の発表会が無事終わり、とても楽しかったです(*´エ`*)
前回はバタバタ動き過ぎだったので、今回は出来るだけみんなの演奏を客席から聴けるようにしていました。
とはいっても色々ありますが、前回よりはゆっくり演奏を聴くことが出来ました。

みんな本当に上手で楽しそうに弾いていたので、嬉しかったです(*´エ`*)

私は今回講師演奏でフルートを吹きました♪
何故フルートかというと、前回の発表会の感想で「先生のフルートが聴きたい」とリクエストを頂いたからです。

発表会の前日に講師で打ち合わせをしている時に私が「講師演奏でドレス着なくてもいいよね?」と言うと、くみこ先生に「私が色んなお手伝いするからドレス絶対に着て!!」と言われ、急遽ドレスを着ることになりました(ノ・ω・)ノ

講師演奏の前はみんなの演奏を聴きながら早着替え(笑)
サンタクロースカラーの赤のドレスにサンタの帽子をかぶってフルートを吹きましたが、カメラは伴奏したただし先生のポケットの中なので写真がありません(。-∀-)

講師演奏は忙しい中演奏するのでなかなか大変ですが、音楽をする楽しさを一人でも多くの方に伝えられたらなと思っています。

そんなこんなで、ボディーパーカッションや生徒との連弾で私もいっぱい舞台に立ちましたが、本当に楽しかった!!

次回は又12月に第16回の発表会があります。
もうその時に弾きたい曲を決めている子がたくさんいますが、みんなで楽しい発表会にしたいと思います(*´エ`*)

今年もよろしくお願いします。

tomomi

新年

2012年1月10日

あけましておめでとうございます。昨年末には第15回発表会を行い、教室として無事年をしめくくることができました。みなさま本当にお世話になりました。
そして心機一転また新しい年の始まりです。

生徒の人数が増えてきて、教室としても大がかりになってきましたが、引き続き一人一人を大切に、音楽を楽しんで行きたいと思っています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

年末は大阪に行ってきました。信楽を通って、大阪からさらに讃岐に行ったり、岡山に行ったり車に乗ってばかりでした!

信楽たぬき

讃岐うどん

粟倉温泉

上から信楽焼の窯元にある狸の焼き物、讃岐のうどん、岡山の温泉では雪が降っていました。
そしてこんぴらさん。1368段の奥社まで行きました。山登りのお陰で軽いもんでした。

金毘羅さん

tadashi

・・・